プロフィール

Aozoraharuka

Author:Aozoraharuka
ガーデニングを趣味にしたらブログを覚え
写真の楽しさも知りました
どれも自己流の拙いものですが宜しくお願いいたします

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--/--(--)

スポンサー広告

コメント

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/27(火)

バラ

コメント

寒い毎日
クリスマス寒波
こちらは25日夜から降り出した雪でうっすら雪化粧でした



12月26日朝

 雪



更に今朝は冷え込んで

寒い朝
アジサイの葉



ピエール・ドゥ・ロンサール

 ピエール・ドゥ・ロンサール
ゆっくり開花していたピエール・ドゥ・ロンサールも震えました



グラミス・キャッスル

 グラミス・キャッスル
寒波がこんなに赤く色付けていきました


葉牡丹にも

 葉牡丹



ご覧のようにバラもまだ咲いています
残りの植え替えは新年に(もしかしたら標準的に2月かも?)
ツルバラもピエールとクレパスキュールが未だです
これは昨年同様新年早々にやらなければ。。。

少し早いのですが年内のブログはこれで終了にします

皆様 良いお年をお迎えくださいね


黒豆は水にひたしてあります
なんと!30年目にして水に浸す時に塩を入れるの忘れました
皮が剥けやすいそうで。。。
あ~~~  初心に戻らねば

スポンサーサイト

12/21(水)

寄せ植え

コメント

パンジーのハンギング
寒い時の水やりは相変わらず難しいです
毀れ種から芽を出したものはまだ根も浅いので乾燥要注意
指で確認すると意外なほど乾燥していたり。。。




12月8日の記事でちょっと触れた『12ポット300円×3+5ポット』で作ったハンギングの様子
各トレー3色混合だったのでそれを同系色にまとめて3個作りました


パンジーHG 1
先ずこれ!
一番気に入っている色合い



パンジーHG 2
スリット式なので作るのもラクチン



           パンジーHG 3
すみれ色は少なめだったので籐の壁掛け型



パンジーHG 4
白と黄色というか残り全部
麻布に穴を開けているので苗にも苦労をかけました
私も疲れました
スリット式の楽なのを経験するともうこれはしないかも。。。

奥に見えているハンギングは  
                    
                    
1年中ハンギング
ヒューケラが元気になってきて立ち直ってきました
無事2年目を迎えられそう



           2011 4月10日
出来立てホヤホヤの時                            4月10日撮影



2011 6月10日
来シーズンはどんなふうになるのか楽しみです~          6月10日撮影



最初のハンギングに写っているミモザ・パープレア

ミモザ・パープレア
剪定がすご~く遅れてしまいました
案の定蕾は現れていません

この銅葉は美しくて十分なんだけれどやっぱり寂しいなぁ~

12/16(金)

クレマチス

コメント

12月の庭  クレマチスの植え替え他
寒~くなった今日 お昼過ぎにはほんの一瞬でしたがチラチラ白いモノも降ってきました



記事は先ず今週のまだ暖かかった日にやった クレマチスの植え替えのこと

8号鉢に植えていたのですが鉢の下から根っこが溢れていた2株です

バラ同様これも鉢から抜くのに四苦八苦

アルバ・ルグジュリアンス は無事完了


一方の プリンセス・ダイアナ は。。。
プリンセス・ダイアナの植え替え

鉢底に巻いていた力強い根っこが無残にも全部切れてしまいました
表面近くの細かい根っこだけで植え替えることになって
新芽も深植えにして土中に隠れましたが春に無事覗いてくれるのか

テラコッタの大鉢になりましたので今後は部分的に土を入れ替えることに。。



少しだけクリスマス

クリスマス2011

ここのガーデンシクラメンは昨年からのものですが葉っぱもモリモリです



           シクラメン 1
室内でも昨年からのが持ちこたえ一応秋に植え替えましたが。。



           シクラメン 2
殆んど葉っぱがありません
葉の数だけ花が咲くと言われるシクラメンなのに


バラはジュリエット・グレコ*ジュリア*ナエマ*チュチュ・モーヴ*ラ・マリエに蕾があります
でもこんなに冷え込んでしまうと蕾のままかも。。。

既に紹介したバラが今もその後の花を咲かせています

ベアグラスとバラ

蕾はマダム・フィガロ
カメラのF値を変えるとこんなふうに変わるんですね



           バラと庭 1

今シーズンのマダム・フィガロさん 今までに無いくらいの大輪で頑張っています
左の紅葉はブルーベリー
右下にはコスモスとラベンダー・アロマティコも



           バラと庭 2

グラミス・キャッスルはまだ暖かい秋から絶えず花をつけています



           バラと庭 3

ブラックティも
後に見える青い額縁のアイビーゼラニウムも当たり前のように花が咲いています


ツルバラの剪定誘引
鉢バラの植え替え…残りは2月になるかも
年賀状
大掃除
お正月のお料理

この中で省略できるのは… 大掃除 


更新がスローペースになりますが。。

12/13(火)

バラ

コメント

オウギュスト・ルノアール
育てやすいハズのバラが春も夏もキレイに開花してくれなくて少しガッカリしていたのですが
12月に綻び始めた蕾がやっと美しいお顔を見せてくれました

オウギュスト・ルノアール


           オウギュスト・ルノアール 1
初ローズピンクでした


オウギュスト・ルノアール 2
                                                12月3日撮影


           オウギュスト・ルノアール 3
このチューリップのような蕾が特徴                  12月5日撮影


           オウギュスト・ルノアール 4
これ以上緩んできませんね~                     12月6日撮影


           オウギュスト・ルノアール 5
遂に室内に入って                           12月12日撮影

確かにルノアールの絵画を思い起こさせるようなふくよかな雰囲気
ダマスク香と言われるその香りも豊かです





金~土の1泊で母に付き添って東京に行ってました

DS.jpg

金曜日はフリーだったので中学からの友人と3人でディズニーシーへ
いつもなら友人宅やお店での食事&おしゃべりとなるのですが
今回は場所を変えて還暦3人でのディズニーシーです
「どうせおしゃべりをしているのでしょう」という各家族からの予想通り
遅めの昼食は2時間のおしゃべりとなってしまいましたが
その後はその言葉を裏切ろうと。。。
<タワー・オブ・テラー>
<センター・オブ・ジ・アース>
<インディ・ジョーンズ:クリスタルスカルの魔宮>

絶叫モノが苦手だったハズの私でしたが悟りを開いたかのように楽しめてしまい自分でビックリでした
こんなことってあるのですね

<フランダーのフライングフィッシュコースター>
これは身長制限も90cmなので小さな子供も乗ります
実はこれが私には一番怖かった
リアルに下が見えて私って高所恐怖症なんです~


翌日は隙間の時間で<トゥルーズ=ロートレック展>
開催場所の三菱一号館美術館にも興味がありました(写真右が中庭…見たかったなぁ!)
三菱一号館美術館所蔵コレクションということでしたがその作品の多さに駆け足になってしまい残念でした


実は今回NEWのコンデジを持参したのですが
練習で撮った写真をPCに取り込む際に挿入したメモリーカードをそのまま忘れてしまいました
カメラに内蔵されている機能で12枚だけ撮ることが出来たという顛末でした

12/08(木)

庭のようす

コメント

真っ赤!
昨日は意外なくらい暖かくなったのと
近所のJAでパンジー(ビオラじゃないのが残念ですが)が
12ポット300円に3セット+ビオラ5ポット(これでも300円)を急遽買ってきました
少しでも早くとハンギングを3つ出来上がり~

サルスベリやムクゲが落葉すると道行く人から我が家は丸見え
ハンギングが貴重な目隠しになってくれます
写真はもう少し馴染んでから。。。

ということで今日の写真はバラに負けじと華やかな真っ赤


           アロマティコ
ラベンダー・アロマティコ が今も健在ですが
今日の主役ではありません
後の赤~いの


           ブルーベリー 1
ブルーベリー が深い赤になっています                                    


ブルーベリー
今年はこんな紅葉なのかな~と思っていましたが。。             11月22日撮影                                                        

ブルーベリー 2
いつも通りの深紅の紅葉になっています                    12月7日撮影                                           
                             

ブルーベリー 3
2品種のうち全体が同じように深紅になるのと


ブルーベリー 4
明るいオレンジから赤のと紅葉の仕方にも違いがみられます
この紅葉はなかなか落葉しないのでゆっくり楽しめますね



こんな真っ赤も

マンリョウ

           マンリョウ 1


           マンリョウ 2


           マンリョウ 3
鳥さんが運んできたマンリョウなので日当たり抜群の花壇です
本当は半日陰が好きなのよね~
葉っぱが傷んでいます



テーマと真逆に

           白侘助
椿の白侘助 も咲き始めました
何枚か撮ったのですが旨く写っていませんでした
恥ずかしがり屋さんなのか花の開き方も遠慮気味な感じです


明日から1泊家を留守にします
昨日もガーデニングしている場合ではなかったかも。。。
今もブログやっているし
年末なのにね~

12/06(火)

バラ

コメント

ブラックティ と クレパスキュール
花の付いていない鉢バラの植え替えを済ませました
剪定は2月になってからします
ジュード・ジ・オブスキュアの鉢に大きなコガネ幼虫が2匹も
こんなのを見つけると他の鉢も早くやってしまいたくなります
まだ約半分が花が咲いていたりもう直ぐ開花で残っています



ブラックティ

           ブラックティ 4
秋のバラ園で出会い一目惚れで迎えたブラックティ


           ブラックティ 2
秋の蕾には期待感も膨らみます


ブラックティ 3
実際より明るく写っています
春夏はこんな感じに朱色で咲くので超派手ですが。。。


           ブラックティ 5
襟足も。。


           ブラックティ 6
花持ちがとってもいいのですが流石に昨日切りました


           ブラックティ 1
まだ控えている蕾も




クレパスキュール

クレパスキュール 1
咲き進むと花色も微妙に移っていくオールドローズ


           クレパスキュール 2
「クレパスキュール」はフランス語で「黄昏」を意味するとか。。


クレパスキュール 3
テッポウムシに入られて株元は穴が開いています
その下から4~5本のシュートが元気に伸びています
低い位置に誘引出来そうで「怪我の功名?」とも


クレパスキュール 4
昨日2Fからの撮影
これも剪定誘引が遅れこみそう
昨年も<12月22日>にUPしていました


ノンビリ屋さんのバラがゆっくり開花していきます
この後も冬のバラをUPしますが呆れないでご覧くださいね

12/01(木)

バラ

コメント

グラミス・キャッスルとマダム・フィガロ
今咲いているバラって
「晩秋」?
「初冬」?


11月までは晩秋のように感じていましたが
12月に入ると初冬なのかな~?とも

温暖化が進み
今年のように昨日は20℃もあったりと
季節を表す繊細な日本語も使い方が難しいですね


写真は今咲いているバラのうち
イングリッシュローズとフレンチローズの違いがありながら
雰囲気が似ていると感じる大好きなバラです


グラミス・キャッスル

           グラミス・キャッスル 1
11月7日撮影の正真正銘の秋バラ
細い茎にも律儀に蕾を付けて咲く花は俯くことも


           グラミス・キャッスル 2
咲き始めに差す色もこの季節の楽しみ


グラミス・キャッスル 3
赤い蕾も玉子のような中心の膨らみもチャームポイント


           グラミス・キャッスル 4
上品ないい香り(ミルラ香だそうです)も今が楽しみ時(?)


           グラミス・キャッスル 5
咲き進むとパールホワイトに


グラミス・キャッスル
一晩でお色直し?
淡いピンクからイエローに

まだ半分くらいの蕾が残っています
植え替えは花後に…12月中にできるかな~



マダム・フィガロ

           マダム・フィガロ 2
リフォーム後最初に迎えたバラの一つ


マダム・フィガロ
ワクワクさせてくれる蕾


           マダム・フィガロ 3
ハートの形の花びらなのですが。。。


バラの作業が始まる季節ですね
私は<Fragrance World>のフレグランスさん(有島 薫さん)の方法が私にも都合が良かったので
それでやっています
つまり 『鉢バラの植え替えは11月に』 なのですが
年々その時期が送れてしまって今シーズンは第一弾を11月末にやったばかりです
花が付いていないバラから始めました
その中の10号鉢に植えたジャクリーヌ・デュプレを抜くのの大変だったこと
自分の腕力に合わせて8号鉢がベストと痛感しました

まだ残りは蕾も多いし植え替えが1ヶ月ずれてしまいました

Designed by OreappDroid
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。