プロフィール

Aozoraharuka

Author:Aozoraharuka
ガーデニングを趣味にしたらブログを覚え
写真の楽しさも知りました
どれも自己流の拙いものですが宜しくお願いいたします

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--/--(--)

スポンサー広告

コメント

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/25(金)

庭のようす

コメント

ユーフォルビア・フェンズルビーが燃えました!
今日は先ずくるカラを一旦取り除いて
「虫よらず」を撒いてから再びマルチング

<虫よらず>がもし気になる方はクリックしてみてください
     
突然ですがこの時の買い物の結果報告も
バラのマルチングに杉の樹皮で出来ているクリプトモスを使いました
その下に虫よらずを撒いておきました
途中で1回虫よらずを撒きなおしました
結果は…最近マルチングを外しましたが
 ナメクジもダンゴムシもネキリムシもいなかったので 結果は合格かな
    
トマトにも使おうかと思い
念のために購入先の<ピーキャット ローズショップ>に問い合わせたところ
『虫よらずの成分のどれかが(忘れました)ナス科にはよくない』と教えていただきました

菌の黒汁は目に見えるような効果はよく判りませんが良いような気もします



今日の庭に戻って

           ユーフォルビア・フェンズルビー 1
ユーフォルビア・フェンズルビー 
(名前のタグはこうなっていましたがもしかすると違う品種だったかも


           ユーフォルビア・フェンズルビー 2
初めて迎える秋ですがこんなに燃えてきましたよ

2011.4.7

春には黄色い花が満開でした


           ユーフォルビア・フェンズルビー 3
株元には次の芽が覗いています
このスタイルが安心できて好きです


ユーフォルビア・フェンズルビー 4
ユーフォルビア・ダイアモンドフロストをビオラに植え替えました
ユーフォルビア・ダイアモンドフロストは挿し芽を室内で育成中
ここにもくるカラを


で…この寄せ植えの上の方では

オリーブの実
初めてオリーブの実が色付いています
ONLY ONE
3つ付いたのですがいつの間にかこれ1つになっていました
スポンサーサイト

11/23(水)

その他

コメント

くるカラ
突然ですが 「くるカラ」って?

胡桃の殻 です~


くるカラ 1 

これを マルチング に使うというのを少し前から何処からか知って気になっていました
5月の還暦記念同窓会(5人ですが)のメンバーの一人が
昨年 里山の胡桃(剥いた実)を送ってくれていたので
是非今年は殻も欲しい~ とお願いしていました
その殻と実が先日届いて我が家の庭も流行の先端に
                                           ↑ここが落ちてました
「持つべきものは友」ですね~

「持つべきものはブロ友さ~ん  
ありがとうごあいます
みなさんのアドバイス通り 後につく部分…ここに表示できないんです 
の欠落が見つかって解決できました
本当に助かりました

                             (赤い文字の部分は11月24日夕方追記)


       くるカラ 2
お気に入りのカレンデュラ・コーヒークリームを地植えした足元に


くるカラ 3
リメイクした花木花壇に残り全部を投入してみました
来年も来るといいなぁ~


  
全部を大きな字にするつもりではなかったのですが
初めのところで「文字を㊥にする」を使いすぎたら
大きな字に設定されてしまったようです
元の字の大きさに戻りませ~ん

まあ老眼だし見やすいですね~(ちょっと不細工


ブルーベリー
字はやっぱり大きいですが。。。
ブルーベリーがやっと紅葉してきました


       サルスベリ
サルスベリの黄葉


       コスモス
花が一つもなかったので黄葉をバックにコスモスです

次回の文字の大きさはどうなるのでしょうね???

11/22(火)

クリスマスローズ

コメント

ついにクリスマスローズです~♪
土砂降りの土曜日に早朝に家を出て父の法事で東京に行きました
いつもなら東京で1泊するのですが今回は父も好きだった箱根に家族で泊まりました
私の母と夫に娘と息子での久々の温泉でした
あまりに雨が酷かったのでカメラは持って行きませんでした

翌日は朝には既に雨が上がり宿から近い<箱根ガラスの森美術館>に寄って来ました                    
クリスタルガラスに陽光が当たって輝く様子が素晴らしくて暫し見惚れていました 
                                              見れますよ



帰ってきての庭では

ニゲルに蕾

ニゲル
毎年11月中に蕾が見えますがクリスマスには間に合わない我が家のニゲル姫
焦らされるのにも慣れてきましたよ


リビダス


           ステルニー シルバードラー
リビダスとステルニー・シルバードラー
昨シーズンのあの<クリスマスローズで大失敗の巻~!>から
細々ですが生き続けてくれました
とても花は期待できませんがこれから株に力を蓄えていけるといいなと思っています



おまけ

スキミア マジックマルロー

スキミア・マジックマルロー が色付いてきました



もっとおまけ

ビオラ・ラブラドリカ 1


ビオラ・ラブラドリカ 2

毀れ種の ビオラ・ラブラドリカ を鉢に集めて植えています
毎年宿根は出来ないのですが毀れ種が楽しめます

11/18(金)

寄せ植え

コメント

寄せ植え
2月末にちょっと留守をするので今シーズンは寄せ植えもハンギングも我慢ガマンと思うのですが
それまでの間楽しめればと先日はカレンデュラ・コーヒークリームの寄せ植えを作りました
さすがにハンギングは水やり必須なので諦めていましたが
遂に一つだけ



ハボタンのハンギング
夫からの「お正月にハボタンは要るんじゃないの一言で
「そうよねぇ~~~」と早速作ってみました
その割りにお正月っぽくないですが。。
リース型に比べるとこれは水持ちがいいです
ここは仮の置き場です~



ガボダの寄せ植え
これは<昨年チューリップのガボタを植えた大鉢>
今年も新たに ガボタ を5球植え込みました
それに合わせて小輪のパンジー(ビオラ?)
あとはそのままなのですがアサギリソウは此処にあったのを花壇へ
その代わりに ライムグリーンのアサギリソウ で明るくしてみました



 アリッサムの寄せ植え
アリッサムのピンク系のミックス が苦手だと思っていて
<昨年丁重にお育てしたら> ナント猛暑の夏を生き抜いてくれていました
今年は淡い色のビオラで


寄せ集めの寄せ植え
この寄せ植えはご覧になって想像がつくと思いますが
今までの寄せ植えの生き残り組みで作ってみました(寄せ集めとも
ケッコー気に入ってます~
ヤブコウジ * ブロンズフェンネル * ヒューケラ * コクリュウ * オステオスペルマム * ヘデラ



           スーパーアリッサム
スーパーアリッサム のスーパーぶり
日毎に大きく広がっていくように感じます
パンジーやビオラとの寄せ植えにしなくて良かったと思っています
埋もれてしまいそう
アリッサム寄せ植え 10月25日

植え込んだ時既にこんなに大きかったのですが。。



ちょっと番外ですが

夏の寄せ植え
夏中大活躍だった リシマキア・アトロパープレア ボジョレー が
秋の声を聞き始めた頃に枯れていきました
春に芽を覗かせてくれるのか判りませんがこのままにしておくことにしました
右端のイングランド・バイオレットは下の方で咲いています(写真切れてる~


           プレゼントの寄せ植え
最後にいつも貴重なものをいただくお母様のいらっしゃる友人のところにお土産にもって行く寄せ植えです
ピアノのレッスンに来る子供達を意識したのですが出来上がってみると地味ですね~
この後クリスマスのオーナメントのオマケをつけて

11/15(火)

バラ

コメント

秋のバラ Ⅱ
庭に居るのが気持ちよくて。。。
昨日今日とハンギングや寄せ植えを作っています
その写真は後日ということで

写真は秋のバラです



スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン

スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン 1

昨年新苗で迎えた ブルボン系オールドローズ
春は開花までに虫に食べられてしまい美人になりきれませんでした
これぞ スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン
 

スズニール・ドゥ・ラ・マルメゾン

開花までの表情も十分楽しんで
今回も外側の花びらが傷んでいます
これって原因は何でしょうか?


スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン 5

中心の巻き巻きが2つ出切る
ここが好き~


           スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン 6

本当はあと少し巻きが緩んだところがいいのですがタイミングが合いませんでした




ヨハン・シュトラウス

           ヨハン・シュトラウス 5

ハイブリッドティー (HT)
とっても花保ちのいいバラです


ヨハン・シュトラウス

やっぱり外側の花びらが痛んでいます
軒下なので雨もあまり当たらないのですよ~
満開の写真が撮ってありませんでした


           ヨハン・シュトラウス 2

ヨハン・シュトラウスのバックに写っているのは。。



           アブチロン
同じく軒下組の アブチロン です
まだまだ当分咲いていそうです
枝の先に向かって蕾を付けるので四方に広がって収集がつかなくなって紐で括っています


           コスモス
こちら コスモス&ラベンダー・アロマティコ も益々賑わっています


           シュウメイギク
しっとり秋の雰囲気で シュウメイギク の咲いた後も楽しんで


全然記事と関係ないのですが
さっき サッカー ザック・ジャパンが北朝鮮に負けちゃいました 

11/12(土)

庭のようす

コメント

斑入りツワブキ
秋の花が少なくなった時に庭を賑やかにしてくれる ツワブキ
元気色で太陽に向かって咲く眩しい姿にカメラを向けそこなっていました

最近の盛りを過ぎたこんな様子に惹かれて写してみました


           ツワブキ 1 
パッと咲き揃っているより表情があるような。。ただの天邪鬼


ツワブキ 2
日当たり抜群の生垣の間でお花いっぱいです~♪


ツワブキ 3
斑入りの葉っぱは日当たりがいいほうが斑ははっきり出るとか
でも陽射しが強すぎると特に斑の部分が葉焼けするそうです



ツワブキの隣には ゴシキドクダミ が

ゴシキドクダミ
絵手紙材料にドクダミの花が風情があるので「ドクダミ♪ドクダミ♪♪」と言って友人から分けてもらいました
他にフツーのもあります



他に日本自生のもので ミズヒキ も

ミズヒキ
これは花壇ではなくて砂利を敷いた通路に生えています
毎年どこかに顔を出してくれる…そんな存在です



ついでに センリョウ

センリョウ
これも日本に自生する植物ですね
いつの間にかもう赤い実になっていました



長く楽しませてくれる ユウギリソウ

           ユウギリソウ
こんなに日本情緒を感じるのに地中海沿岸が原産だそうです


ユウギリソウ銅葉
色褪せることがない銅葉がお気に入り~
花が終わったら植え替えるつもりでそのままのビニポットです~
でも植え替えは3~4月の方がいいようで。。。

11/08(火)

庭のようす

コメント

シュウメイギク
家族は涼しいという今日の気温も庭をうろついているには快適な一日でした

球根を忍ばせてビオラの苗を植え込む

地上部は立派なのに株元からコロン
既に根っこを食い尽くして大きくなったコガネ・ジュニア
そこからヒューケラなど寄せ植えの生き残りをまとめてリサイクル
耐寒性の弱いものを鉢上げして軒下へ

この時期は小さな庭でも大忙し
狭いから何をするにもあっちへ移動 こっちへ移動 と仕事が増えます


写真は10月下旬から咲き始めたシュウメイギク

           シュウメイギク 1
今まで苦手な方だったシュウメイギク
今年はやっと合う場所が見つかって無事咲いています


シュウメイギク 2
キンポウゲ科アネモネ属 この花姿が好きです~


           シュウメイギク 3
「来年も会おうね」って声を掛けたくなります
鉢植えです



クランベリー

           クランベリー
花はたくさん咲くのですが実の数は。。。



フウチソウ

フウチソウ 
フウチソウがピンク色に変わってきました

11/04(金)

バラ

コメント

秋のバラ Ⅰ
日中の暑さが戻ってしまい庭仕事が進みません

秋のバラはまだ蕾のものが多いのですが一足早く咲いてくれたものをUPしておきます



フランシス・デュブリュイ

フランシス・デュブリュイ 1
春も夏もそして秋も我が家でトップバッターで咲くバラです


           フランシス・デュブリュイ 2
細い枝にも花を付けるのでしな垂れて咲く姿をよく見かけます


フランシス・デュブリュイ 3
多分我が家では最も香りが強いバラです
窓からでさえその香り(強いダマスク香?)に浸ることが出来ます


           フランシス・デュブリュイ 4
写真に撮るとその色が出なくて困ったバラです
アドバイスをいただいて早朝に撮るようにしたら大正解
太陽の光がこんなに時間によって違うということを学んだバラでした




セプタード・アイル

           セプタード・アイル 1
先日行った花フェスタでもよく咲いていたバラです
我が家では高く伸びた夫々の枝の先に数輪ですが


セプタード・アイル 2
春には花びらが重なってなかなか見えない黄金の蘂も覗いています


           セプタード・アイル 3
シマトネリコの枝の間に咲いている姿がイングリッシュローズっぽいと気に入っています




パラダイス

           パラダイス
今あるバラの中では一番の古株です


           パラダイス 1
『藤色に赤紫の覆輪』という解説がついていますがグレイッシュピンクっていう感じ


           パラダイス 2
この辺の色合いがいいかもしれません
花びらが傷んでいますが。。


           パラダイス 3
日に当たって咲き進むと赤が濃くなりいかにもアメリカのバラっていう印象


パラダイス 4
まるで違うバラのようですが。。
最後の艶姿?!

11/02(水)

寄せ植え

コメント

寄せ植えと花壇の植え替え
昨日は一日中庭でウロウロ
今日も頑張ろうと思ったのですが時間と共に昨日の疲れが出てきて集中力なし
早々に退散となりました


先週作った寄せ植えです

カレンデュラ・コーヒークリームの寄せ植え

寄せ植えカレンデュラ



寄せ植え 1

トヨタガーデンの カレンデュラ・コーヒークリームとカルーナ に
先日の掘り出し物満載のときの ビオラ と クローバー・テントロゼ(桃色の花
サントリナ・カマエキパリスは別名コットン・ラベンダーというそうです
どんな花が咲くのでしょうね?
左下のは油断して名前のタグがあったのかどうかも記憶がありませ~ん
チューリップの球根


白い寄せ植え

寄せ植え 白 1

この瓦のような鉢には今年も白を合わせました

昨年からの ガーデンシクラメン
カルーナの白とビオラ
オレガノ・バックランド
ムスカリの白


           寄せ植え 白 2

後方には コプロスマ・キルキィバリエガータ
ニュージーランド原産とのことですが常緑で耐寒・耐暑性そして乾燥も強そうです
『不規則に横に広がる性質』となっていますが。。。


           寄せ植え 白 3

ご本人の意に反してこんなに縦に伸ばされてます~
ちょっとクリスマスを意識して。。


昨日やった花壇の植え替え

           花壇植え替え 

この花壇では門の前だけが季節の植え替えをします(と言っても冬~春と夏~秋の2回ですが)
ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト はヨレヨレになってきましたが
スコパリア・ブルーメロン も イポメア もお元気さん
でも既に次の ビオラはスタンバイ
ここのビオラを買いに行ってあの掘り出し物になったのです


           ビオラ

今年はシンプルに 自己主張のないビオラ にしてみました
昨年大きな顔ののっぺりパンジーで懲りたので。。
&チューリップの球根色々

スコパリア・ブルーメロンは初めての冬なので1株はそのままでもう1株は鉢上げして軒下へ
ダイアモンドフロストは挿し芽が一応付いているのでそのうち室内へ

イポメアは「お疲れ様~」にしようと引っ張り出したら。。。



      イポメアの芋

こ~んなに大きなお芋が出来ていました
不思議なことに葉っぱが銅葉のは白いお芋でライムグリーンの葉っぱのが紅色のお芋でした

玄関の中に保管しましたがこれを植えたら来年も出てくるのでしょうかね~



スキミア・マジックマルロー

           スキミア・マジックマルロー

掘り出し物がいっぱいの日の買い物のうちで一番お高かったスキミア・マジックマルロー
丁重に単植してこれからの生長を楽しみたいと思っています
鉢の色(青磁色ですよ)だけ拘ってみました(と言っても在り合わせのプラ鉢ですが~
Designed by OreappDroid
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。