プロフィール

Aozoraharuka

Author:Aozoraharuka
ガーデニングを趣味にしたらブログを覚え
写真の楽しさも知りました
どれも自己流の拙いものですが宜しくお願いいたします

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--/--(--)

スポンサー広告

コメント

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04/28(木)

庭のようす

コメント

4月の庭
昨年は早々に黒点に罹ってしまったバラ達でしたが
今シーズンは今のところウドンコも黒点もなく健やかな緑の葉っぱです

ただ 先日の雹(霰?)でまだ柔らかい葉っぱは破れてしまったものもあります
それが昨日の大荒れの天気で更に棘と葉っぱが擦れたりで破れが増えてしまいました

4月も残り少なくなりこれから益々バラに隠れてしまいそうな花達をUPします
                          (写真は大嵐の前に撮ったものです)


これが今シーズン最後のチューリップ シャーリー

シャーリー

淡いクリーム色で咲き始め白に変わり紫のピコティにパープルが多くなります
脇役に徹した ブラックナイト がカッコイイ



花壇

少し引くとこんな感じです
右に見えるアサギリソウは3年目の指定席


パンジー 1

コルジリネの寄せ植えも夫々が元気になってきました
このシクラメン よく咲きます



           パンジー 2

コルジリネに合わせた今シーズンのパンジー


オレンジ色続きで

カレンデュラ・コーヒークリーム

           カレンデュラ・コーヒークリーム 1

昨年に比べると登場のチャンスが少なかったカレンデュラ・コーヒークリーム
でも大好きには変わりませんよ~



カレンデュラ・コーヒークリーム 2

この花びらの縞々が堪りませ~ん



           カレンデュラ・コーヒークリーム 3

昨年に引き続き門柱の足元が指定席です



アブチロン

           アブチロン

3年目の今年の冬は葉っぱも残したまま越すことが出来ました
それまでは枝だけになっていましたが。。
そのせいかこんなに早い開花となりました
バラじゃないけど四季咲き? 何回もお花を見せてくれます



アイビーゼラニューム

           アイビーゼラニューム

随分花茎がたくさんあがってきました
ここに絡むハズのラベンダードリームを黒点が酷かったので短く剪定してしまいここまで届きません
しばらく可愛いこのピンクで。。



2階からの眺めも

2階から 3

お気に入り~



2階から 2

ギボウシが展開してアスチルベの新芽が隠れてしまっています



2階から 1

パーゴラの上でバラの葉っぱが茂ってくるともっと日陰が出来ます



で そのパーゴラの上では

ツル ホワイトクリスマス

我が家のバラの開花1号はこの ツル ホワイトクリスマス になると思います

昨年は黒点もあり花が少なかったのですが今年はその分も大きく多そうです

スポンサーサイト

04/26(火)

お出かけ

コメント

京都府立植物園
2日目に訪れた 京都府立植物園 の様子です

朝から何時降り出しても仕方ないような空模様でした
植物園の広さも実感出来ていませんでしたし 雨までの限られた時間の中で計画的に見るのも難しく
気の向くままに 歩くことにしました

地下鉄「北山駅」の直ぐお隣でしたので 北山門 からの入場でした


京都府立植物園 1
入園して最初に気になったのがコチラ
エピメディウム はメギ科の宿根草で「ヒメイカリソウ」の仲間だそうです



京都府立植物園 2
ギリア・トリコロール<昨年の国際バラとガーデニングショウ>でもMy注目でした
まだ出会えていませんが。。。



京都府立植物園 チューリップ花壇
意外な(?)お出迎えに感じたチューリップ花壇 見事に咲き揃っていました


さてどちらへ?
植物に誘われるままに歩いてみました


京都府立植物園 3
オドリコソウ(踊り子草)を検索して見つけた<このサイトの写真>
見たことのあるこのお顔
我が家の<ラミウム・ガリオブドロン>です
アップのお顔は優しい名前からは想像も出来ないコワ~イ

ラミウム・ガリオブドロンは別名 キバナオドリコソウ(黄花踊子草)
ツルオドリコソウ(蔓踊子草) というそうです




ちょっと寄り道しすぎたのでササ~っといきますね
ついつい写真も多いのでご迷惑をかけていたらゴメンナサイ


京都府立植物園 4
茎葉の間から 2 本の長い柄を出して花を咲かすので ニリンソウ(二輪草)なのですね
キンポウゲ科



京都府立植物園 5
それなら…  
ありました イチリンソウ(一輪草)
こちらもキンポウゲ科ですがこの別名が一華草(イチゲソウ)と市毛草(イチゲソウ)がありました




京都府立植物園 6

若~かった頃尾瀬で見た水芭蕉は緑の葉っぱはまだ小さく
純白の仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる苞が花のように目立っていました
ここでは緑の葉っぱも立派に育ってコラボしていたのでビックリ
気温の違いによるものなのでしょうか?



仏炎苞つながり でもう2品種

           ウラシマソウ 1


           ウラシマソウ 2
ウラシマソウ です
釣り竿のように長く伸びる様子 見事です~ 



ユキモチソウ 2

           ユキモチソウ
この真っ白い部分からついた名前ですね
実際に触れるとフカフカで柔らかいそうです(植物園ではモチロン触れられませんでしたよ~

ウラシマソウ も ユキモチソウ も <テンナンショウ> の仲間なのだそうです
                                       ↑詳しくはコチラクリックで


友人も茶花の活け花を習ったことがあり山野草にも詳しくて
このブログも見てくれているので写真を撮る私のペースにも理解してくれて
とても贅沢な時間を過ごすことができました




           モミジ 1


           モミジ 2
芽吹きのモミジは気持ちが清々しくなり大好きです


           モミジ 3
レンズからは野鳥かと思ったのですがこれってカラス


雨が降り出してカメラはバッグに入れて歩いていたのですが
ど~しても写したくなって。。。
友人が傘をさしてくれました

ヤエベニシダレ 1
                                   ヤエベニシダレ 2
ヤエベニシダレ って先日のお花見に行った
<東谷山フルーツパークの八重紅枝垂桜(ヤエベニシダレザクラ)>
と同じだと思うのですが


           ヤエベニシダレ 3


           ヤエベニシダレ 4
このソメイヨシノのような淡いピンクは雨の写真だからではないのですよ~
実際にもこんな上品なピンクでした
京都に相応しいと旅行者は勝手に感動しましたが

正門に近い洋風花壇やバラ園と見応えがありそうな温室とまだまだ見てない所が残っています
楽しみが増えました

やっぱりダラダラになってしまいました
お付き合いありがとうございます

04/24(日)

お出かけ

コメント

宝塚ガーデンフィールズ
4月21日~22日に京都で1泊して友人と出会い気ままな関西を楽しんできました

1年ぶりに訪れることが出来た宝塚ガーデンフィールズ
学生時代の友人とのおしゃべりにも花を咲かせながらの楽しい時間でした


クレマチス アーマンディー系 アップルブロッサム
前回このガーデンになんて似合うのだろうと思ったクレマチス・アップルブロッサムが満開で迎えてくれました


クレマチス・アーマンディ

左が前回 2010年3月30日 やっと綻び始めてピンクの蕾が可愛かったです
右が今回 2011年4月21日 同じ場所で満開でした



ヘレボラス・オリエンタリス 1
ヘレボラス・オリエンタリスもここでは自然のままなのですね
もしこれらの花茎が切ってあったらなんて寂しい想いをしたことかと


ヘレボラス・オリエンタリス 2
ここのクリローさん(正確にはヘレボラス・オリエンタリス)はお姫様というよりは
以前我が家の庭にあった逞しい印象そのものでした


           アジュガ
アジュガを従えて素適なコラボです~



           モッコウバラ
この橋に絡むモッコウバラは昨年と同じように蕾でした
今年は寒さが続いてバラの開花は遅いのでしょうね
日当たりの好い壁面で咲き始めています


スノーフレーク
橋の下ではスノーフレークが。。。


           ユーフォルビア
期待通りにユーフォルビアにも会えました

そして。。。

アカシア・フロリブンダ 1
寒かったお陰でこのアカシア・フロリブンダにも会えました


           アカシア・フロリブンダ 2
淡いクリーム色の花とヤナギバアカシアという別名もあるように柳のような葉っぱが爽やかで優しい印象です



この時期のガーデンフィールズでの主役は 原種系チューリップ です

         Tu ブロンズチャーム
順路に従って右回りで進むと直ぐに迎えてくれた群生する原種系チューリップ


原種系ブロンズチャーム
ブロンズチャームという品種です
今回初めて会う 甘~い黄色 が注目です


 原種系チューリップ
やっぱりガーデンフィールズには原種系が似合いますね


           原種系ライラックワンダー
昨年もいっぱい咲いていたライラックワンダーは今年も満開でした

来シーズンの我が家のチューリップは原種系かな~なんて想像を膨らませながらガーデンを後にしました

我が家で真似をしたシラー・シビリカやプシュキニアやムスカリにも会えたのですが
友人に得意になって説明をして写真は忘れてしまいました

もしよろしかったら昨年の記事もご覧ください→<宝塚ガーデンフィールズ(旅行4日目)>


今回使って大変経済的で便利だった

            1dayパス

関西では私鉄がとっても便利なのですね
1,200円で神戸にも大阪にも

そしてタイムリーなことに宝塚⇔今津間の今津線は映画 『阪急電車 片道15分の奇跡』の舞台です
エンジ色(正式には「マルーン色」だそうです)のレトロな車体も旅行者が感じるこの界隈の
優雅な雰囲気にぴったりでした
写真を撮ってくればよかった。。。
                 <映画 『阪急電車』公式サイト>

翌日は京都府立植物園に行ってきました

04/21(木)

庭のようす

コメント

葉っぱが元気!
賑やかなチューリップの後は。。。
パーゴラの下の葉っぱたちです
あれよあれよと育っていますのでこの辺で一度UPしておきます

ギボウシ

           ギボウシ 1


 ギボウシ 2
うちのギボウシは以前から庭にあったものを株分けして植えたものです
日本の山間部に分布しているオオバギボウシ(大葉擬宝珠)だと思います
年々勢力拡大してきたのでこの冬には株分けして小さくなってもらいました


           ギボウシ 3
斑の白がハッキリしているのを残しました
後の銅葉はペンステモン・ハスカーレッドストレインです


           ギボウシ 4
もう一株のほうは後にはテッポウユリが



アマドコロ

           アマドコロ 1


           アマドコロ 2
つい先日新芽の美しさに感動していたのですがもう蕾がぶら下がっています
これから花が咲く頃が葉っぱもとってもキレイです



シラン

           白シラン 1


           白シラン 2
斑入りのシランで白とほんのりピンクが入る口紅シランがあります
こちらもこれからが一番キレイ



シラー・カンパヌラタ

           シラー・カンパヌラタ
ここに混ぜるのはちょっとヘンですが写真の雰囲気が似てたので
毎年勝手に咲いてくれるいい子です

突然ですが今日のお昼には宝塚ガーデンフィールズです

学生時代の友人の案内で1泊関西を楽しんできます


宝塚ガーデンフィールズでも出会いそうな ユーフォルビア

           ユーフォルビア・フェンスルビー
ユーフォルビア・フェンスルビーはお迎えしたときの黄色い花からキュートなオレンジ色に変わってきました


 ユーフォルビア・パープレア
ユーフォルビア・パープレアはそんなに変化はないような。。。
なんだか微笑みかけてくれているように感じます



04/19(火)

庭のようす

コメント

チューリップ Ⅲ
昨晩は久々にたっぷり雨が降り今朝は水やり省略です~
今日は日も射しているかと思えばサッと又降り出す不安定なお天気です
この雨で早くから咲いていたチューリップは終わるかなぁ~


ガボタ

           Tu ガボタ 3

いつも淡い色を選んでしまう私が今シーズン是非植えたいと思ったガボタです
カレックスや銅葉のキンギョソウ(後に隠れてる~!)に合うようで。。。
ビオラ(パンジーだったかも)はガボタの花色と合わせてみました



           Tu ガボタ 2


           Tu ガボタ 1 

かなり個性的で存在感たっぷり
このチューリップはふくよかにボリュームアップした開いた姿が好きかも



           Tu ガボタ 1

これが開花したばかりのお行儀いいガボタ                     4月15日撮影



原種系チューリップ (6年前のゲットで品種名不明)

           原種系赤

今年も咲いてくれました
いつも舞台はパーゴラの下で緑の中が似合います
手前に見える銅葉はペンステモン・ハスカーレッドストレインです



 原種系チューリップ

原種系の手がかからないいい子振りを教えてくれたチューリップです



マリリン

           Tu マリリン

昨年に引き続いて迎えた(足した?)マリリンです
昨年は花壇で一番目立っていましたがその座はホーランドチックに完全に奪われています
セリンセがいい具合に倒れてきて偶然のコラボです~



ピンクダイヤモンド

           Tu ピンクダイヤモンド

かなり小さくなっていますが植えっ放しで3年目のピンクダイヤモンド
毎年咲いてくれる花姿からは健気さも感じられます


あともう一種 咲き進むと変化するシャーリーは只今変化中なので又改めて

04/18(月)

庭のようす

コメント

チューリップ Ⅱ
昨日は友人とちょっとした日帰り旅行気分のお出かけでした
常滑焼の鉢なども見てきましたが
庭の大掃除&配置換えをした直後だったので「もう場所がない~!」のブレーキがかかり
お土産は。。。

          常滑焼急須



庭ではチューリップが花盛り
4月上旬に咲き始めてから長~く楽しめる今年のチューリップです

サンネ

Tu サンネ

友人に作った寄せ植えに植え込んだ残りを植えたものでした
2010年の最新品種ということですが期待以上に魅力的な花でした


Tu サンネ

今朝の写真ですがこれが本来の色合いに近いです
濃いローズ色からのグラデーションとイエローピンクが堪りません



ホーランドチック

Tu ホーランドチック

咲き始めとのその後のギャップにビックリのホーランドチックです
他のと比べてもかなりの大輪でこの色 お祭り騒ぎの賑やかさ



楊貴妃

Tu 楊貴妃

昨年の可憐さに惹かれて今年も迎えた楊貴妃
今年の球根のほうが充実していたのか花びらにはっきりとした模様も見えています


           花壇


明日へ続きます

04/16(土)

庭のようす

コメント

ムスカリ・ラティフォリュームと小さな花
シラーシビリカとプシュキニアともう一つムスカリ・ラティフォリュームの競演がやっと実現しています
先の2種より一足遅れての開花となりました

シラーシビリカは一つの球根から次々に花茎があがるのでかなに楽しめます
プシュキニアはそろそろかな。。。



           ムスカリ・ラティフォリューム 1

ムスカリ・ラティフォリュームは2色咲きで昨年のガーデンフィールズで一目惚れ
このチューリップのような葉っぱはこの子のです



           ムスカリ・ラティフォリューム 4

珍しく紫色に写りました



           ムスカリ・ラティフォリューム 5


 ムスカリ・ラティフォリューム 3

このムスカリが気に入ったもう一つの理由はこの葉っぱ
だら~んとしないこの姿はポイント高いです~



他にもチューリップの賑やかさに圧倒されている花たちです

 パーゴラの下

パーゴラの下は今は日が当たりますがもう直ぐツルバラの葉っぱが茂ると半日陰になるので
植物には居心地がいいようです
クリスマスローズの隙間に細々と



4月の庭

こうして並べてみると地味な色ですね
今日開花した西洋オダマキが辛うじてピンク色でした


04/15(金)

庭のようす

コメント

タイツリソウ
タイツリソウが今年も咲きました
冬の間 地上部は全くなくなり そこから芽が出ると間もなく蕾も現れる
毎年嬉しさもひとしおの可愛い花です

           タイツリソウ 1


           タイツリソウ 2

イヤリングに見えます 
でも「イヤリングソウ」ではね


 タイツリソウ 3

『まるで釣り竿(花茎)に魚のタイ(花)がたくさんかかっているように見えるところから「鯛釣草」』
見てのとおりですね
ケマンソウというのが本来の名前のようです
その由来は寺院のお堂を飾る装飾品「華鬘(けまん)」に見立てて付けられたそうですが
「華鬘(けまん)」ってどんなの?
花の輪をかたちどった飾り物だそうですが金銅で作ったものは→<こちら>
                            糸で作ったものは→<こちら>


           タイツリソウ 4

花が終わるとカシワバアジサイの葉陰が暑さを凌ぐ指定席です




ピンク繋がりで我が家のお花見
ハナカイドウ(花海棠)

           カイドウ 1

『 一般に「カイドウ」とも呼ばれて、日本では広く北海道南部から九州まで栽培されています。
リンゴと同属の落葉果樹で、原産地の中国でも古くから栽培され、
その花の美しさは、中国の唐の玄宗皇帝が酔って眠る楊貴妃を
ハナカイドウにたとえたように、
昔から美人の代名詞として使われるほどです。

4月から5月の庭に新緑が目立ち始めるころに枝を埋めるようにして咲くピンク(淡紅色)の花が
目に鮮やかです。』 -みんなの趣味の園芸よりー


           カイドウ 2

昨年からピンクが濃くなったように感じています
私は以前の優しいピンクが好きだったけど。。。
母は「私が肥料をあげたのでこんなに咲いた」と得意気ですが


           カイドウ 3

全体はこんな感じ
駐車場の1mくらい高くなった生垣の隙間に植えたのが育ちました
車に触れるように出っ張った枝は切り落とされてしまいます
その前は鉢植えだったものです


           カイドウ 4

そろそろ散ってしまいそう  

04/12(火)

お出かけ

コメント

八重紅枝垂桜(ヤエベニシダレザクラ)のお花見
大震災から1ヶ月
復興に向かって。。と言えるのかと思っていたのですが実際にはあまりにも厳しい現実

昨日からの大きな余震とその数の多さに速報でそれを知らされている私でさえ
こんな不安な気持ちになります
被災地で実際にその揺れを体感している方のことを考えると言葉が見つかりません

福島原発でも最悪の「レベル7」に引き上げとか
「計画的避難区域」の設定って。。。
なんで今頃になってと思います
危機管理って先を見通して最悪を考えての対応じゃないと後手後手になってしまいます


流石にこのときにお花見の記事は。。という思いが強いです
84歳になる私の母も一緒だったので記録のために掲載します
スルーしていただいてもササッと流していただいても結構です


昨日お昼前に<東谷山フルーツパーク>に行って来ました
名前のとおり果樹園があったり温室では世界の熱帯果樹・亜熱帯果樹を見ることができます

そしてこの時期は園内に1000本あるという八重紅枝垂桜(ヤエベニシダレザクラ)の豪華なお花見が出来ます


           東谷山フルーツパーク 1


 東谷山フルーツパーク 2


 東谷山フルーツパーク 3


 東谷山フルーツパーク 4

八重咲きの濃いピンクの花が滝のように枝垂れて咲く姿は壮観です
以前90歳を過ぎて東京から我が家で暮らすようになった私の祖父がこの桜を見て
「今までにこんな桜は見たことがなかった!」と喜んでくれた思い出の桜です



 東谷山フルーツパーク 5


           東谷山フルーツパーク 6

 
 東谷山フルーツパーク 7

左に見える淡いピンクがソメイヨシノです



梨の花

果樹園では梨の花が咲いていました
林檎はもう少し後ですね



アーモンド

大きめのピンクの花はアーモンドでした
アーモンドがバラ科でサクラの仲間とは知りませんでした
勝手にもっとトロピカルなものかと。。

解説の 花言葉は「希望」 というのが印象的でした



ツバキ

和風庭園にはツバキも
一本の樹から赤と白の花が咲いているものもありました



新芽

お花見を堪能した後はこんな新芽を見てホッとするような。。



      東谷山フルーツパーク 8

もっとホッとしたのは途中休憩でいただいたこれ
毎回これもお楽しみの一つです
このトレーで250円 (ここは名古屋市立で温室以外は入場も無料です)

フレッシュで食べる用のイチゴ1箱とジャム用のイチゴを1箱をお土産に帰宅しました
途中 ランチもして
母はお出かけで食事をするのが大好きなようで素晴らしい食欲でした

04/11(月)

寄せ植え

コメント

葉っぱの寄せ植え
カレンダーが変わってしまいましたが4月10日(日)のことです


暖かい日曜日でした
一応県議会選挙にも散歩がてら行ってきました

そして庭では寄せ植えのハンギングを作りました

その前にその材料と買い物のきっかけとなったモノを見ていただきますね


               オベリクス

2年目の鉢植えのクレマチスを絡ませようと我が家にあったオベリクスを出してみました
これって意外に底面積が広くて10号鉢でも入りませんでした

       買い物 オベリスク

そこで久々に高速で20分の大好きな園芸店まで (4月3日のことでした)
ガーデン雑貨が20パーセントoffのセールだったものですから
もう一つオベリクスが欲しかったのでもう少し背の高いのを買いました
鉢は一つはグラミス・キャッスルを二重鉢にしていたのを脱がせ
もう一つをお買い上げ~
そして…苗を素通りするなんて無理
最近欲しくてたまらなかったユーフォルビアとリーフプランツが殆んどです



で…やっと今日その寄せ植えをハンギングで作ってみました


           ユーフォルビアのハンギング 1
ちょっとユーモラスに動いてくれそうなユーフォルビア・パープレアと
葉っぱたちとの寄せ植えを作ってみたいと思っていました


           ユーフォルビアのハンギング 2
向きを変えるとこんな感じ
他にゴールデンハニーサックルとオレガノ・ケントビューティとラミウムにヒューケラ色々です
出来たてのホヤホヤですがパーゴラに吊るす前に



ちょっと前にした寄せ植えのリメイク

丁度1年前の4月11日

garden 059
                                      

           ハンギング プリムラビクトリアナ 1
白いバコパの後を黄色いシネラリア・ゴールデンシャワーにしてみました


ハンギング プリムラビクトリアナ 2
ラミウム・ガリオブドロンに今年はたくさんの花が付きました
こんなに賑やかだったら白い花のほうがよかったかも。。。

で。。。     主役も健在です

           ハンギング プリムラビクトリアナ 2
一株だけですが無事猛暑を生き抜いてくれました


           ハンギング プリムラビクトリアナ 3
プリムラビクトリアナにしてはちょっと赤っぽいようですが。。。



オリーブの寄せ植えは

寄せ植え オリーブ before
こんなふうに空いたままで土だけ入れ替えてありました
ここのヒューケラはせっかちさんでもう花茎がこんなにあがっています
冬の間いい色になっていたラミウムにも既に花が。。。
ライムグリーンのマトリカリアも元気です

                         

寄せ植え オリーブ after
ユーフォルビア・フェンスルビーと後方に昨年と同じユーフォルビア・ダイヤモンドフロストを


           ラミウム
ラミウムの花も咲いてきました

黄色とピンクの組み合わせって
私にはスゴ~ク珍しいけどこの明るい雰囲気が今は好きです




他の寄せ植えもモリモリになっています


白い寄せ植え


           ムスカリ ホワイトビューティ

<白い寄せ植え>  ←クリックで前の様子が見れます


コルジリネの寄せ植え


           ギョリュウバイの寄せ植え 

<秋に植えたときの様子>←クリックで前の様子が見れます


先日作ったハンギングのポレモニュームに花が咲き始めました

ポレモニューム
銅葉とこの花色は堪りませ~ん

04/09(土)

庭のようす

コメント

先ずは早咲きチューリップ♪
余震という言葉からの先入観を大きく覆す地震でその不安を考えると本当に胸が痛くなります
やっと復興という言葉も聞かれるようになっていたのに
ストップしてしまったり逆戻りさえあって。。。
気持ちを強く持ってくださいとしか言えません


我が家の花壇では原種系のレディジェーンに続いてフツーのチューリップが咲き始めています

ホーランドチック

           ホーランドチック 1


           ホーランドチック 2
                                           4月5日撮影

昨年の色が変化するシャーリーを買いそびれて代わりに選んだホーランドチック
トップで咲き始めました



           ホーランドチック 3


           ホーランドチック 4
                                          4月6日撮影
咲き始めはラベルの写真よりも大人っぽい上品な雰囲気です



パープルプリンセス
ホーランドチックの手前で咲いたのは昨年からの残留のパープルプリンセスです
同じ場所で間違いなく咲いてくれました
今のところこの一株ですが十分嬉しい

後方にぼんやりしているのは。。


           レディジェーン
レディジェーンでした
道行く人からは人気ナンバーワンです



ホーランドチック 5


ホーランドチック 6
                                                  4月7日撮影
ピンクのラインの色が濃くなってきました
パッと開いていると百合の花みたいです



           スイセン
おじゃまむしなんて絶対に言いませんが
ニアミス気味に寄り添っているスイセン一輪も開いて競演となりました
何故か昨年から一輪。。。
来年はもっと増やしましょうか?



ホワイトヴァレー

           ホワイトヴァレー 1
淡いライムグリーンにグリーンのラインが入ってかなり私のツボです~


           ホワイトヴァレー 2
八重早咲きチューリップとなっていましたので正しい時期に咲いたようです
他のチューリップは道路に面した花壇に植えてありますが
これだけは内側の花壇なので室内からもよく見えます


すぐ横には鉢植えのレディジェーンが

           レディジェーン鉢 1
鉢植えの方が少し遅れての開花になりましたがその分(?)背が伸びました


           レディジェーン鉢 2


レディジェーン鉢 3
道路側から見たところです
本当に表情豊かなチューリップです

04/07(木)

クリスマスローズ

コメント

クリスマスローズで大失敗の巻~!
もうクリスマスローズの花を切らなくては。。。と思いつつ既に4月
昨日 やっと切り花にして株に休息をさせてあげました


シーズン途中でしたがは地植えにもして大満足だったので
こんな記念撮影もして

花壇
久々に2Fベランダから
ちょっとよく判らない写真になってしまったので。。。



ラスト クリスマスローズ
地上に降りて最後の勇姿を



クリスマスローズ
そしてこんな切り花でしばらく楽しむことに


…とここまではいつもの展開

問題はこの写真


有茎種クリスマスリーズ
これはあってはいけない写真でした

『有茎種は茎基から切り取りますと
株そのものが枯れる恐れがありますので注意してください。』

<WAKAIZUMI HELLEBORUS FARMのサイト>に詳しく掲載されていました
        ↑クリックでご覧になれます

なんで~?
なんで全てが終わってから調べるの~??
調べるくらいなら事を始める前でしょ



ラスト 有茎種クリスマスリーズ
この姿は来年はないのですね~

幸いと言ってはなんですが性懲りも無くリベンジ出来るお買い物なのではありますが
この一言 早過ぎッ
あ~反省も後悔もしてますよ



           クリスマスローズ 2
随分贅沢な切り花になってしまったってことですね


お口直しということで

芽吹き

フウチソウ、コデマリの蕾、カシワバアジサイ

慰められます。。。。。

04/05(火)

寄せ植え

コメント

アイビーゼラニュームのハンギング
先日農協に作りたいハンギングのイメージにぴったりの苗がお値打ちに揃っていたので久々に作りました
メインは我が家の青い額縁に入れたのと同じピンクのアイビーゼラニュームです


ハンギング 1



           ハンギング 2

濃いローズピンクのオステオスペルマムと優しい色合いのナスタチュームの取り合わせがツボです~



ハンギング 3

ネモフィラ・ペニーブラックもありました
もりもりになっていた我が家のヒューケラを幾つかに株分けして隙間を埋めました



           ハンギング 4

好きだからって同じような写真ですね~



           ハンギング 5

ロベリアが白っぽいのと群青色(青でもこの青は懐かしい…クレヨンにも入っていた色)とピンクも



ハンギング 6

前に買ってそのままになっていたポレモニュームも1株入れちゃいました



           ハンギング 7

ブラキカムが暴れてくれたらイイ感じ



ハンギング 8

1枚目の写真の反対側
今のところなんとなく裏側の雰囲気かなぁ~
                                          (ここまでは3月31日の撮影)



今日の撮影

           ハンギング

夫々が元気になって馴染んできました


他の寄せ植えもと思っていたのですが写真が多くなったので日を改めてにします
写真はいっぱい撮ってもUPが追いつかない嬉しい悩みの季節がスタートです

04/03(日)

庭のようす

コメント

プルモナリア
今日はガーデニングのみでいかせていただきます


キンモクセイの株元に作った我が家のシェードガーデン
とっても小さなレイズドベッドですがこの時期から目が離せません

最初に咲き始めたのはプルモナリアです

プルモナリア 1

これは3月27日の撮影です
それから花数が増していって。。。

以下昨日の撮影

           プルモナリア 1



           プルモナリア 2



           プルモナリア 3



           プルモナリア 4

大好きなブルーの花ですが
更に咲き始めのこのピンクからパープルが混ざっているのが堪りません


他には

 シェードガーデン

前回ご紹介したオダマキとタイツリソウの蕾も目立ってきました
そして…次のお楽しみはブルンネラ・ジャックフロストです~

04/01(金)

庭のようす

コメント

原種系ミニチューリップ・レディジェーン
日本の色々なところからの(なんで色々なところなの?)「大丈夫」の連発より
国際原子力機関(IAEA)からの勧告に耳を傾けてしまうのですが。。。

米国をはじめとする世界各国やIAEAなどが
一刻も早い事態収拾のための機材や人的分野の協力を惜しまないと支援が本格化し始めています
そんな力をいい形で集結させて一日も早い解決に繋がって欲しいと願うばかりです


そんな緊迫した状況の中ですが原種系ミニチューリップ・レディジェーンが咲いています

           レディジェーン 9

「貴婦人のチューリップ」とも言われるそうです
「貴婦人」というより 清楚で初々しく愛らしく 大好きです
昨年植えたものです
可憐な原種系のもう一つ良い所は植えっぱなしでも翌年も必ず咲いてくれるところですね



レディジェーン 1

3月27日にはまだこんな蕾でした



           レディジェーン 2

予想より早く翌28日には咲き始めました



           レディジェーン 4

朝夕はキュッとつぼんでいます
ワンコのお散歩の方は毎日咲くのを待っていらっしゃるかも。。。



           レディジェーン 5

このくらいが好きな開き具合かなぁ~



           レディジェーン 6

お日様が高く昇っていると陽気なおしゃべりが聞こえてきそう



           レディジェーン 8

「こっちを向いて~!」ってとてもチューリップには見えないお顔



レディジェーン

一日の時間によって色々な表情を見せてくれます



           レディジェーン 7

中心の黄色が透けてチャーミング
後方はムスカリ



レディジェーン

ここは南面の道路に面した花壇です
セリンセとムスカリの青紫色が更に引き立ててくれています
ムスカリの葉っぱが見苦しくてスミマセ~ン



たくさんのレディジェーン(の写真)にお付き合いありがとうございます

新芽もちょっと。。。

   ギボウシ

           ギボウシ

あまりに大株になってしまったので秋に我が家に丁度良い大きさに株分けしました



   白シラン
           白シラン

白シランとほんのりピンクが入った口紅シランがあります
多分葉っぱにも斑が入っています



   タイツリソウ
           タイツリソウ

今年も覗いてくれたタイツリソウ
蕾が隠れています



   オダマキ
           オダマキ

オダマキは2株芽が出ています
蕾が付いているのはこちらだけ
黒花八重咲のブラックバロー だと嬉しいのですが。。
ア~ッ もちろんピンクのフツーのでも


春は確実に一歩一歩進んでいますね
Designed by OreappDroid
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。