プロフィール

Aozoraharuka

Author:Aozoraharuka
ガーデニングを趣味にしたらブログを覚え
写真の楽しさも知りました
どれも自己流の拙いものですが宜しくお願いいたします

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--/--(--)

スポンサー広告

コメント

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01/31(月)

庭のようす

コメント

雪化粧
今日の写真は日曜日の朝に撮ったものです
本当はもっと積もっていたハズです
深夜~早朝(?)のサッカー観戦で幸せな気分でゆっくり目覚めたのでかなり消えていました

お昼からもチラチラしていましたがさすがに積もりませんでした

そして昨日は更新できなくてお蔵入りかなぁ~と思っていたら
今朝もまるで同じ景色が広がっていたのでそのまま使います

私の幸せな気分も今日もそのままで
何度となくテレビのニュースやワイドショーで試合の様子やインタビューをみて余韻に浸っています



雪化粧 1
白い寄せ植えだったハズなのですがアリッサムに徐々に紫色が混ざってきました


           雪化粧 2
大好きなカレンデュラ・コーヒークリームも今年は寒そう


           雪化粧 3
多分もっと早いとペタッと頭を下げていたと思います
ビオラは風の子 ホントに偉い


雪化粧 4
ニゲル姫にも雪が


           雪化粧 5
開花宣言していいかなぁ~


           雪化粧 6
こちら地植えの名もないクリスマスローズです
蕾も逞しい


           雪化粧 7
ブロンズフェンネルに付いた氷粒
実はこの寄せ植えも中途半端になってどうする~?っていう状態です


夕方の天気予報によるとこちらでは明日からは冷え込みも緩んでいくそうです
記録的に寒い1月でした
スポンサーサイト

01/29(土)

買い物

コメント

買い物&庭の来客
凄く記事にするのが遅れてしまいましたが
先週の土曜日に久々にお気に入りの園芸店に行ってきました

お友達に寄せ植えを送りたくてその材料を探しに。。。
ちょっと時期が早かったのか(昨年の猛暑とこの冬の冷え込みで遅れているのか
ちょっと少なめのように感じました


これで寄せ植え2鉢分です
            買い物


寄せ植え用にブリキ鉢
買い物

そしてテラコッタの鉢は。。。
近くのスーパー内のお花屋さんの半額セールでついつい
寄せ植えの残骸に生き残っている宿根草の養生用に単植したいと思っています(デカッ


こんな色を前にすると立ち止まってしまいます
      ショコラ

自分用です
これだけ個性的だと相手を探すのが難しくて。。
私もブリキ鉢で単植に


寄せ植えの出来上がりは後日に見てくださいね
この時期の苗は少し庭で環境に慣らしてから植えると苗へのストレスが少なくなるようです




よく庭を訪れてくれるお客様
メジロです
でも今までその用心深さでなかなか写真が取れませんでした
この日(27日木曜日)はその気配に望遠ズームに換えて待ち構えていました

           メジロ 1


           メジロ 2


           メジロ 3


メジロ 4
キャ~!目と目が合ったみたい


メジロ 5
可愛いお尻も


こんなに花壇がカラカラになっているのって珍しいことです
寒くて水やりも躊躇してしまいます
いつも以上に春が(春の雨が)待ち遠しいです

01/25(火)

庭のようす

コメント

春の準備
乾燥して殺風景な庭でカメラも持ち出さない日々でした
ブログの更新をしなくてはとカメラを手に出てみると
ちゃ~んと春の準備が着々と進んでいました


銀葉アカシヤ・プルプレア

           アカシア 1


           アカシア 2
もう花芽?というくらい早くから付けてじっと寒さに耐えています
随分膨らんできました


           アカシア 3
日当たりによって既に黄色く色付いているものも




ロゼットで冬越し

ロゼット
地面にぺったりと張り付いて寒さから身を守っています



プリムラ・マラコイデス

プリムラ・マラコイデス
サギソウの鉢にこぼれ種で出ていた赤ちゃん苗を集めてみました
花の中心に黄色が注しているのでプリムラ・マラコイデスだと思います




ニオイスミレ

           ニオイスミレ
地植えのニオイスミレはまだ蕾ですがブリキの容器に分けた方はボチボチ咲き始めています



今日はやっと石灰硫黄合剤をバラに塗りました
昨年もやったのですが黒点は酷く今年の作業を迷っていましたが
もっと酷くなっては困るので一応塗布しました

サッカーが始まりました
では

01/20(木)

庭のようす

コメント

梅開花
名古屋地方気象台は1月12日(水)に梅の開花を宣言を出しました
こんなに冷え込む毎日ですが昨年より15日も早く、平年より24日も早い開花だそうです


我が家でも梅が咲き始めました

           白梅 1


           白梅 2


           白梅 3


           白梅 4
今年は白梅にたくさんの蕾が付いています
私の実家に初めて来た時は盆栽だった梅
今では地植えになって梅の実の収穫も出来るようになっています
伸び伸び育てるのが得意な実家でした



           紅梅
紅梅はこれが初花
まだたった一輪です
こちらは例年になく花付きも少ないです

先日の雪はやっと消えましたが今日もこんな空です
時折雪がチラつきました



おまけ
           ニゲル
我が家で一番早く開花しそうなニゲルです
やっとここまで
十分に焦らされています
その分楽しみ~


01/16(日)

バラ

コメント

ツルバラの剪定誘引
今朝の我が家です
少しの雪ですが冷え込みが強いようで道路にも張り付いています

002雪 2

もう青空が見えていますのでそのうち消えてしまうでしょう
ほんの少しのお湿りでもホッとしています


週末は一段と寒くなるという予報だったので
金曜日にパーゴラのツルバラの剪定を始めました
ステップでは足らずハシゴを立てかけて昇ります
それも足場が悪くて(花壇になってる~!)作業するのに悪戦苦闘
それに…怖いです

結局その日も雪がチラチラ
寒くて中断してしまいそれっきりです
何本もあるわけではないのに。。


           クレパスキュール(1月6日)
1月6日撮影のクレパスキュールです
パーゴラの上(丁度キンモクセイの上)で四方に広がっていました

私がツルバラを植えたのはリフォームした年の2008年でした
今年四方に広がってツルバラらしくなった枝の剪定に戸惑っているというのが本音です

先日の「趣味の。。」で後藤みどりさんの解説を何回も見てその気になって昇ったのですが。。
なんだか切りすぎてしまったみたいです



剪定したクレパスキュールです

           クレパスキュール 1


           クレパスキュール 2


           クレパスキュール 3


           クレパスキュール 4


最後に残っているピエール どうなることか?
ピエールは残念ながらそんなに伸びていませんが。。。

青空ですがまだ雪もちらついています



追記 午後から深々と降り出し庭は銀世界になりました

01/12(水)

庭のようす

コメント

真夏も真冬もペラルゴニウム・イングランドバイオレット
昨日は全国的に冷え込んでいるという朝の天気予報を見ていながら
結局久々の庭仕事となりました

最近の冷え込みと乾燥に水をやろうか迷う日々
そこで防寒のためのマルチングをすることにしました
取り除く手間が要らないように腐葉土とバーク堆肥で適当に
これってダンゴムシの棲み処になってしまうので本当は好きではないのですが
今年の冷え込み(齢のせいで私が寒がり?!)に小さな球根も植えているので仕方なく。。

11時近くに乾燥しきった花壇にも水をやりマルチングをしました
風もなく意外に暖かくなりました

午後も庭でナエマとノウゼンカズラとサルスベリの剪定をしました
ノウゼンカズラとサルスベリは生育も旺盛で新枝に花芽が付くので気楽な剪定です

残るはツルバラのピエール・ドゥ・ロンサールと今も咲いているクレパスキュールです
鉢バラの剪定は2月の予定



写真は今も咲いているペラルゴニウム・イングランドバイオレット


           イングランドバイオレット 1


           イングランドバイオレット 2


           イングランドバイオレット 3
1年ぶり(?)で額縁の中に復活です
やっぱりこの額にはこの花かなぁ~と昨年秋に挿し芽をしたのが無事花を咲かせています


           ラベンダードリーム4
                                   2010年5月22日撮影
春にイングランドバイオレットは鉢増しをして額の中は多肉に代わりました


           ペラルゴニウム イングランドバイオレット8
                                   2010年7月2日撮影
鉢増しをした後株は大きく生長
猛暑もなんのそので旺盛な開花
<夏(2010年7月2日)の様子>←この花について詳しく記事にしています
このときに『イングリッシュバイオレット』だったのが後に『イングランドバイオレット』に変わりました


             イングリッシュバイオレット
                                   2009年7月8日撮影
鉢増しする1年前の様子


寒中に咲いているおまけ

レースラベンダー
レースラベンダーの葉っぱはこのところの冷え込みで傷んできたので慌てて軒下に引越ししました

01/09(日)

その他

コメント

室内では…
2~3日前から風邪気味なこともあって庭には殆んど出ていません
風邪はたいしたことないので主な理由は寒いので
なかなかご紹介の機会もない室内の様子です(花のって当たり前ですね


数年目にいただいたコチョウランが毎年花を見せてくれています

      コチョウラン 1
最初に花を見せてくれそう
お店のような豪華な花数ではありませんが無理なく咲くといった感じです


           コチョウラン 2
昨年一鉢は株分けしたので3鉢になりました
夫々に花茎が立ち上がってきました


           コチョウラン 3
こんな感じで窓際に置いています
日中は南と東に面していて暖かく
夜もここで暮らすCocoのために弱く暖房が入っているので
コチョウランに最適な環境のようでかなりの放任ですがよく咲きます


           オンシジューム
オンシジュームは長く咲いていてそろそろおしまいです
こちらは外で花茎があがると室内に取り込むこともしばしば
室内に入れると葉っぱの色も綺麗な緑になります


           レックスベゴニア
以前は外に出したこともあるレックスベゴニアですが
結局オールシーズン室内が葉の色を綺麗に保てることが分かりました


暖かい日にツルバラを剪定しなくては。。。
宿題をかかえています~

01/05(水)

その他

コメント

今年もよろしくお願いいたします!
         お正月


明けましておめでとうございます

怠け癖というのか脱PCにも慣れてしまって。。。
ブログをサボると庭の手入れもサボってしまいそうなので今日こそと
こんなダラダラですが今年もどうぞよろしくお願いいたします



蝋梅(ろうばい)

           蝋梅 1

・蝋梅(ろうばい)科
・学名 Chimonanthus praecox(蝋梅)
Chimonanthus praecox form. concolor
(素心蝋梅(そしんろうばい))
Chimonanthus : ロウバイ属    praecox : 早熟の、早咲きの   concolor : 同色の
Chimonanthus(チモナンサス)は、ギリシャ語の「cheimon(冬)+ anthos(花)」が語源「冬の花」を意味する

・開花時期は、12/25頃~翌3/15頃(蝋梅)

・お正月頃から咲き出す、 花の少ない季節に咲くうれしい花

・とてもよい香り

・中国原産で日本には17世紀頃に渡来

「”蝋細工”のような、梅に似た花」から「蝋梅」の名になったらしい

  寒さや霜から身を守るために蝋細工状なのか?
 また、臘月(ろうげつ:陰暦の12月)に梅に似た花を咲かせるところから、とも


蝋梅 2

この蝋梅はお正月花に活けた中のものです
玄関なので寒いのですが早々に蕾がほころびました

名前の謂れでもある『蝋細工のような』質感がよく分かります

うちの庭にはありませんが 毎年お隣さんの香りを楽しませていただいています


Designed by OreappDroid
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。