プロフィール

Aozoraharuka

Author:Aozoraharuka
ガーデニングを趣味にしたらブログを覚え
写真の楽しさも知りました
どれも自己流の拙いものですが宜しくお願いいたします

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--/--(--)

スポンサー広告

コメント

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/29(水)

庭のようす

コメント

白侘助
急な冷え込みに庭の様子もすっかり冬らしくなりました
あんなに元気だったダリアもあっという間に葉っぱは傷んでしまいました

母が面倒をみていますツバキの白侘助が咲いています
昨年は11月末にUPしていますので今年の開花は遅れましたね


           侘助 1 



白侘助 ( しろわびすけ ) Siro wabisuke
 【一重のラッパ咲】 京つばき
11月~3月に花が咲く  小輪で寒中に咲く
やわらかな白  花径4センチまで  おちょぼ口の様に咲く
枝付きは普通で葉が細長い



侘助

侘助という粋な名前も好きです
けっして大輪ではありませんがその凛とした姿にも惹かれます



それでは年内のブログはこれで終了にします

今年は生まれて初めての骨折も経験しましたが
ブログをやっていたお陰で庭の管理も家族の協力も得て投げ出さずにすみました

この拙いブログにお付き合いくださって本当にありがとうございます
コメントで励ましてくださった皆様には感謝でいっぱいです
教えていただくこともいっぱいありました
ありがとうございます
そっと覗いてくださった皆様もありがとうございます

皆様のところへ伺ってのご挨拶が出来ませんでしたがお許しください


皆様 良いお年をお迎えください

黒豆は水にひたしてあります
今日からは全力でお節料理を作ります(昨年より一日遅れてます~




スポンサーサイト

12/25(土)

買い物

コメント

フランコア ロジャーソンズ フォーム
先日行ったGCで見つけた苗
葉っぱの様子とラベルの花の写真が結びつかなくて。。
「いったいこれは何者?!」と売り場のお兄さんに訊ねたら
さすがワカモノ
ケイタイで検索して開花株の様子を写真で見せてくれました

ユキノシタ科なのでヒューケラっぽい姿に連れて帰りました


       買い物


フランコア ロジャーソンズ フォーム

■ 学名 : Francoa sonchifolia  
■ ユキノシタ科  宿根草(耐寒性多年草)常緑種
■ 主な花期 : 夏から秋咲き 
■ 草 丈  : 60cm前後(生育後の高さで花丈も含む)
■ 耐寒性 : -12℃ 
■ 耐暑性 : 中 
■ 日 照  : やや半日陰
■ 代表的な原産地 : チリ


開花の様子はおぎはら植物園さんで見れますよ→<フランコア>

おぎはら植物園さんのスタッフさんのコメントにも『一見何の仲間かわからないような不思議な姿』とあります

とっても楽しみなニューフェイスです


そして…もう一つ

クリスマスローズです

       買い物1

ダブルフラワースレーティブルーというのでベルギー産とのこと
ネットで同じラベルのが随分お高くてビックリ
私のは農協でもっともっとお値打ちでした

<春の宝塚ガーデンフィールズ>で黒いクリローさんに夫がとっても興味を示したので
これはチョイ道楽してもOKだなぁ~と買ってしまいました(笑)

今シーズン花茎があがりそうでもあり葉っぱかな~とも
微妙ですね




           ジュリア

昨日は遂に鉢バラの残りの植え替えをしました
蕾が付いているのもそのままやってしまいました
剪定は2月までお預けです

私に丁度いい手抜き加減でお手本にしている<Fragrance World>では
11月から植え替えを始めます
今頃では随分遅いので心配ですが蕾がついたままで私もやってみました

フレグランスさんとは有島薫さんのことです

その有島薫さんの講習会を実際にお聞きになったmiyorinさんがその内容をとても詳しく紹介されています
ぜひご覧ください
    <クリフトンa京阪の バラ講習会>
    <クリフトンat京阪の講習会Part2>
    <講習会の補足 と 庭の花>

今年の植え替えでは根の張り方が貧弱なものが目立ちました
原因として考えられるのは
   黒点?
   猛暑?
   夏の水やり?
夏中骨折で動けなかったのですからバラが生きているだけで感謝です~

グラミスの鉢は根っこでいっぱいでしたよ
   

バラ

12/22(水)

バラ

コメント

冬のバラ クレパスキュール&グラミス・キャッスル
バラの話題と言ったら 剪定・誘引のこの時期ですが
まだバラの花です

そろそろ最後にしなければと思いつつ。。。


クレパスキュール

クレパスキュール 1


           クレパスキュール 2
フランス語で「黄昏(たそがれ)」を意味するこのバラはひらひらとしたアプリコット色
ポツポツとよく返り咲きしていましたが。。


クレパスキュール 3
ゆっくり時間をかけて膨らんだ蕾がやっと開き始めました
季節を間違えていませんか?!       

           
           ホワイトクリスマス
上の写真で左端に見える白い蕾はホワイトクリスマス(ツル)です
クリスマスに間に合って開花してくれたら素敵なんだけど



地上では

グラミス・キャッスル

           グラミス・キャッスル 1


           グラミス・キャッスル 2


       グラミス・キャッスル

そんなに頑張りつづけなくてもいいよ~!と声をかけたくなるグラミス・キャッスル
10月からず~っと咲いています
蕾が一斉に開いたら株全体を撮りたいと思っていましたが
2~3輪が順番に
まだ蕾は残っています


           ジュリア
ジュリアです
どんな表情を見せてくれるか?


こんなノンビリしたバラと付き合っているので冬の仕事ができません

12/20(月)

寄せ植え

コメント

ハンギング
昨日は娘と車で45分くらいのところにある<Spa Resort 湯の華アイランド>という
温泉スパと岩盤スパに行ってきました 
初めてでしたのでちょっと贅沢
40分のフットマッサージも予約して二人で大満足

リクライニングコーナーのゆっくり処は飛行機のカプセルシートみたいに
テレビを見ながら一人リラックスできます
音声が枕から聞こえてくるので皆テレビがついていても室内は静か
これに私は一番感動したかも。。
美容院にもこんなのあったらと
老眼では美容院の待ち時間の雑誌の楽しみがなくなりました

休憩しては岩盤欲そして最後に又汗を流して

心地好い疲れと共に昨晩は9時就寝となってしまいました 


前置きが長くなりましたが昨日UPする予定だったハンギング2個です

今年は作らないつもりでいたのですが(特に理由もありませんが)
やっぱりこの季節には欲しくなりますね
気を取り直して作ってみました


ハボタンハンギング

           ハボタンハンギング 1
右に見える黒っぽいハボタン(ブランドもの!)がその気にさせてくれました


           ハボタンハンギング 2
色々なお顔を集めて…と言ってもブランドは避けたのでこの程度ですが


           ハボタンハンギング 3
三つ子ちゃんも


           ハボタンハンギング 4
ビオラもハボタンに色を合わせて


           ハボタンハンギング 5
仮置きで馴染んでいませんが全体はこんな感じです
後にシルバーリーフのキンギョソウも入っていますが隠れてますね~
シロタエが妙に生長し過ぎです!
カットします~




ビオラリース

           ビオラリース 
つい同系色で作りがちな私ですがこれは混色でやってみたかったリースです
こんな時こそ1トレーのセールが欲しかったのに買いそびれました


           ビオラリース 1


           ビオラリース 2



私流ですが。。。
       リース

・真っ垂直にならないほうが安心なので下になる部分に台を付けます(発泡スチロールでも)
・乾燥しやすいので水抜き穴を開けたビニール(言い方古ッ!)を5~6枚並べて敷きます
・土をかなり落としていじめるので活性剤(私はHB101)に浸けておきます
・仕上げに上を覆う水ゴケは写真のようにしておいて袋の下部に穴を開けて水だけ抜いて使います

もっといい方法があったら教えてくださいね~~

12/15(水)

バラ

コメント

裸苗
先週の金曜日(12月10日)に夏に予約していたバラの大苗が届きました

イングリッシュローズのジュード・ジ・オブスキュア
カタログの写真で
可児の花フェスタで実物にご対面して益々

いつもの「バラの家」では既に売り切れ
あったのは「タキイ」さんでした

届いた箱にビックリ
小さい

  大苗 1   大苗 2

根の土を洗い流した裸苗っていうのですね
実はこの状態の苗を購入するのは初めてでした

解説にしたがって水ゴケを外した後2時間水に浸けてから8号鉢に植えつけました
                                           写真忘れました

大丈夫なのかなぁ~と一抹の不安と共に春を待ちます


今日の冬のバラはブラックティです

           ブラックティ蕾
                                          12月9日撮影


           ブラックティ
                                          12月15日撮影
春のブラックティは朱色のハデハデになってしまいます
秋(冬)のブラックティは…いいお色

実は春に強く剪定し過ぎて蕾が付かなかったのでこの一輪は嬉しいのです


ちょっと色が似ているので。。。

           ヒューケラ1


           ヒューケラ2

主のいないラックにヒューケラを載せてみたら光を通した葉っぱがお気に入りになりました

12/12(日)

バラ

コメント

マダム・フィガロ
今頃バラです
今年は秋バラよりも冬バラの方が多い我が家です

マダム・フィガロ

12月8日…シマトネリコの剪定をした日の早朝

           マダム・フィガロ 1
長くじらされた蕾の開花


           マダム・フィガロ 2
シマトネリコの剪定をしている間にも開花が進んで


12月10日…愛知県にも初(?)霜

         初霜


           マダム・フィガロ
春には考えられない花保ちの良さ
こんなに大輪も初めてかも



この日又ダリアの鉢が倒れて 花の大きさに注目なのですが

ダリアとCoco 1

ダリアとCoco 2

ダリアとCoco 3

                                            ヌヌッ



Coco12月12日
                                            冬の指定席

12/09(木)

庭のようす

コメント

シマトネリコの剪定
昨日も予報で言われるほど寒気も感じず
大掃除はやっぱりしないで庭の大仕事となりました

今年初めて花を咲かせたシマトネリコ<シマトネリコの花>
そのままにして種になって色付く変化も楽しんだのですが<その後のシマトネリコ>
このままでは種が彼方此方に落ちて発芽したら。。。
それもタイヘン
と突然に剪定を始めました
家の中でCocoとまったりしていた夫を呼び出して


シマトネリコ 1

重そうなほどに種をつけています


           シマトネリコ 2

あまりお見せする機会がありませんでしたが全体はこんな感じ
2年余りで随分大きくなったものです
一部種を切り落としてから慌てて写真を撮りました


      シマトネリコ種

た~くさんの種


           シマトネリコ 3

種と同時に枝の剪定もしてだいぶ軽やかになってみると
この道路に張り出した枝が気になって。。。
暫く迷ったあげくに結局株元から伐りました


           シマトネリコ 4

これで完成
スッキリいい格好になりました
迷うまでもなかったんですね

私は下であーだこーだと言っている現場監督に徹しておりました



季節はずれのロベリアです

           ロベリア 1


           ロベリア 2


ロベリア
一旦花が咲き終わったら切り戻しをして春に備えます
ここにもセリンセを合わせてみました

12/07(火)

庭のようす

コメント

ダリア
さ~!今年は早めに大掃除とブロ友さんのRyoさんに刺激されたのですが
スタートは換気扇ではなくて庭のスノコキャビネットの中でした
土や肥料や手袋などの園芸グッズを収納しているのですが
気がつけばもしか使うととっておいたビニポットが山となって。。。

花の咲いていない(終わった)バラ
       オウギュスト・ルノアール
       ジャクリーヌ・デュ・プレ
       スヴニール・ド・ラ・マルメゾン
       フランシス・デュブリュイ
の植え替えをしたついでに(明記しておかないと忘れる~
      
北風の通り道になるので暖かいうちにと
それにしても昨日は暖かかったです  18℃だったかな?
あ~~!写真はありません



秋バラのハズが冬バラになっている我が家の庭に
やっぱり出遅れのダリアが咲いています
<衝動買い>のアレです
小さかった蕾がジワジワと大きくなって開花しました
楽しみにしていた分写真が多いです           

11月30日撮影

           ダリア11月30日 


           ダリア11月30日 1


           ダリア11月30日 2


12月2日撮影

           ダリア12月2日 1


           ダリア12月2日 2


           ダリア12月2日 3


満開~の一歩前に先日の雨と風で
重くなった頭を下げてしまったものや折れてしまい

           040雨のダリア
支柱が付いてしまいました


           ダリア切り花
こんな姿になったのも二輪
           


おまけの季節外れのピンク花

銅葉キンギョソウ ブロンズドラゴン

           銅葉キンギョソウ ブロンズドラゴン 1
耐寒性多年草または一年草なのだそうですが
昨年のは見事に消えてしまい再度連れて帰った蕾つきだったのが咲いています


           銅葉キンギョソウ ブロンズドラゴン 2
大鉢のカレックスジャングルに同居
せっかくの銅葉は隠れちゃってますがコクリュウやティアレラとの葉っぱと
奥の緑はパンジーです


           コスモス
写真と絵手紙のモデルに鉢植えを連れてきたコスモスも最後の一輪

12/04(土)

バラ

コメント

雨上がりのバラ
一昨日の夜からの強い雨
朝には一旦太陽も覗いて意外に早い快復と思っていたら再び雲に包まれて
夕方からは雨とともに台風並みの風となりました

今朝の庭では…ダリアの鉢がひっくり返っていました



写真は昨日の朝の晴れ間に撮ったバラです


マダム・フィガロ

マダム・フィガロ 1


           マダム・フィガロ 2
とても秋バラとは言えませんね
ノンビリ屋さんの我が家のマダム
やっと緩んできた蕾もあります


ジュリエット・グレコ

             ジュリエット・グレコ
春にたくさんの花を見せてくれて以来沈黙を守っていましたが
やっと蕾が付きました
南に面しているので今もたっぷりの陽射しで12月のバラもきっと見れると期待しています
が…早めに切り花ですね
植え替えが待っています

<春のマダム・フィガロとジュリエット・グレコ>が見れます


ミニバラ

           ミニバラ
本当はブルーっぽいミニバラのハズなのですが毎回ピンクの花です
雨の前はピンと真っ直ぐに伸びていたのですが風のせいか首を傾げてしまいました


グラミス・キャッスル

       グラミス・キャッスル
10月のうちからポツポツと咲いているグラミス・キャッスル
もっと咲き揃ったらUPしたいと思っていましたが。。


ナエマ

       ナエマ
これが最後のナエマです
開いている一輪はこんなに雨に当たってしまうとこれ以上の開花は無理かも。。



昨日の風には本当に心配しましたがバラの被害はありませんでした

今日のバラです

           マダム・フィガロ


           グラミス・キャッスル


           ミニバラ


雨と風で倒れてしまったダリアについては改めてご覧くださいね

12/02(木)

庭のようす

コメント

ペラルゴニウム・イングランドバイオレット
穏やかな天候が続いています
昨日は地味~に午前午後と庭で諸々
外に居るのが気持ちよくて…

朝起きたら腰が痛くて
今日はこの後は家のことをしましょう


久々にホワイトキャビネットの額の中のペラルゴニウム・イングランドバイオレットです(今朝の撮影)

           イングランドバイオレット 1


           イングランドバイオレット 2


           イングランドバイオレット 3
辛うじてラベンダードリームとの競演です


      ラベンダードリーム
咲き始めは濃いピンクでキュートです
咲き進むとラベンダーピンクになっていきます


    額の中
右が初代のイングランドバイオレットです(2009.5月)
左は多肉を挿したもの(2010.5月)

イングランドバイオレットの生長しすぎとラベンダードリームが引き立つようにと変えてみました


           ペラルゴニウム イングランドバイオレット8
その後鉢増しをしたイングランドバイオレットは期待通りに生長しました  (2010.7.2 撮影)

この時期に2鉢挿し芽をしたらどちらも直ぐに生育して花がつき再び額の中に収まりました



カレンデュラ・コーヒークリームも植え付けしました

 コーヒークリーム 2
門柱の前で昨年と全く同じ場所です


 コーヒークリーム 1
うっとり魅力的なコーヒークリームですが この花びらのストライプは。。。


 ヒメノキシス 2
<10月のヒメノキシス>とよく似ています
晩秋から12月に入っても咲いています

美人にはストライプ
Designed by OreappDroid
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。