プロフィール

Aozoraharuka

Author:Aozoraharuka
ガーデニングを趣味にしたらブログを覚え
写真の楽しさも知りました
どれも自己流の拙いものですが宜しくお願いいたします

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--/--(--)

スポンサー広告

コメント

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/29(金)

バラ

コメント

秋バラ 2 セプタード・アイル&スキャボロ・フェアー
昨日は朝から雨で庭仕事はお休みでした

その前の日に頑張りすぎて腰と腕も痛かったので丁度いい雨でした
我が家のあのちっちゃいブルー&ホワイトガーデンの植え付けをしました
前もって古い根っこは片付けて堆肥や腐葉土を投入していたのですが
いざとなると更に根っこが邪魔になって。。。
ここは花木も植えてあるしシマトネリコもドーンと構えているので実は根っこだらけです
心配しながらも切ったり掘ったりで手首は痛いし腰もね

それで昨日は午前中にジムに行ってきました
骨折の後体重の増加対策と足が弱っているのでリハビリです
今まで娘と何回か行ってましたが一人では初めてでした

ビデオをみながらのストレッチ (これは中高年には人気です 私も大好き
   
サイクルマシーン (まだ両足平均に体重をかけられないのでランニングはできません)
   
筋力をつけるマシーン (色々あって初日にスタッフに教えてもらったのですが中にはのも
   
サイクルマシーン
   
筋力をつけるマシーン (空いた時間にもう一度教えてもらいました オバサンはマシーンに弱くて
   
ビデオをみながらのストレッチ (これで腰の痛いのは治りました

こんなメニューでやってきます
ダイエットまでは無理かもですが健康には良さそうなのでがんばります




で…写真はイングリッシュローズの秋の花

セプタード・アイル

           セプタード・アイル 1


セプタード・アイル 2
我が家では久々のお花です


           セプタード・アイル 4
長く伸びた先端で咲いています


           セプタード・アイル 3
雨でこんなに頭を垂れて。。。




スキャボロ・フェアー

           スキャボロ・フェアー 1
春からポッツポッツと咲いてくれる可愛いバラです


スキャボロ・フェアー 2
この蘂も愛らしい


           スキャボロ・フェアー 3
千客万来です~


           スキャボロ・フェアー 4
足元ではユーフォルビア・ダイヤモンドフロストがずっと元気で。。
春の準備ができませ~ん


           スキャボロ・フェアー  5
雨に濡れて益々いい女…と言いたいところですが初々しい少女の雰囲気です 


春にもこの2品種を一緒にUPしていました
花の数も多い春の様子はコチラです→<セプタード・アイル(ER)&スキャボロ・フェアー(ER>

スポンサーサイト

10/26(火)

庭のようす

コメント

アサギリソウ&ブルースター
昨日は前の晩からの久しぶりの本格的な雨でした
朝のうちで上がるのかと思ったら午後もグズグズ
前日の掘り返しで手首がヨレヨレの私には丁度好いお疲れ休みでした


今の我が家でバラとは又違った私のお気に入り

アサギリソウの花

           アサギリソウ 1
シルバーリーフに淡いクリーム色が益々優しい雰囲気です


アサギリソウ 2
ピントが合っているのかいないのか…っていう感じの花がいい
合ってないか~


アサギリソウ 3
例年は夏に1度切り戻しをするのですが今年はそれも出来ませんでしたが
私の危機を知ってか(?)それほど乱れることもなく保ってくれました
と言っても株が広がって不思議な形に広がっています

           昨年4月のこの美しいお姿とは程遠くなっています(直径約50cm)

       アサギリソウ




ブルースター

           ブルースター 1
昨年までのはお☆様になってしまい今年は鉢植えにしてリベンジです


           ブルースター 2
このほんのり紫を差したブルーがなんとも言えず好きです


ブルースター 3
この時期は花の色も一段と鮮やかです


ブルースター 4
まだまだ蕾もいっぱいで晩秋まで楽しめそう



オ・マ・ケ

昨日朝のうち 雨上がりに撮った写真です
皆さんの所で拝見するステキな雫に憧れています
しかし実際には難しくて。。。

サラ~っとご覧くださいね

           雨上がり


           雨上がり


           雨上がり


雨上がり

お付き合いありがとうございます

10/24(日)

バラ

コメント

秋のバラ 1
昨日は出かけていて庭仕事はお休みでしたが
その前から小さなブルー×ホワイトガーデンを掘り返し始めました
流石にこの夏の猛暑でジギタリスもカンパニュラも見事に消えていました
その根っこの片付けと樹木の根っこも適当に切って次の苗を植えるスペースを確保しました
コガネ他様ご一行の幼虫も出てきましたよ


写真はなんとか咲き始めたバラです

パラダイス Paradise    
    系統:ハイブリッドティー
    作出:1978 Weeks アメリカ
    花:藤色に赤紫の覆輪 大輪 半剣弁高芯咲き
    咲き方:四季咲き
    香り:強香
    樹形:木立性 120cm

10月19日

       パラダイス


10月20日 朝

       パラダイス a


10月20日 午後

       パラダイス b


10月21日

       パラダイス c


10月22日

       パラダイス d

リフォーム前からあるバラですが今秋は花数が少ないので毎日の変化を追ってみました
開花が始まってから曇りの日が多かったのでパラダイスらしいお色で咲き進みました

十分日光浴するとまるで違う表情になります→<昨年秋のパラダイス>



スヴニール・ド・ラ・マルメゾン Souvenir de la Malmaison    
    系統:ブルボン
    作出:1843 Beluze フランス
    花:淡いピンク 大輪 クォーターロゼット咲き
    咲き方:四季咲き
    香り:強香
    樹形:木立性 100㎝

    名前はナポレオン皇妃ジョゼフィーヌのバラ園があったマルメゾン宮殿にちなんだ
    「マルメゾンの思い出」の意味。

       スヴニール・ド・ラ・マルメゾン


       スヴニール・ド・ラ・マルメゾン a
とっても花付きが好いバラで新苗にも関わらず今までにも咲いていました(ホントは咲かさない
ただ花びらの枚数も少ない夏仕様でした

やっとお名前に相応しい華麗なお花に。。


       スヴニール・ド・ラ・マルメゾン b
もっとグレイッシュピンクになるのかな?


       スヴニール・ド・ラ・マルメゾン c


       スヴニール・ド・ラ・マルメゾン d
こんなに可愛らしいピンクのお花も
クォーターロゼットには。。。
スリップスが見えます


       スヴニール・ド・ラ・マルメゾン e
熟女?お疲れ?。。。



フランシス・デュブリュイ Francis Dubreuil
    系統:ティー
    作出:1894 Dubreuil フランス
    花:ダークレッド 大輪 カップ咲き
    咲き方:四季咲き
    香り:強香
    樹形:木立性 100cm

       フランシス・デュプリュイ a
黒点に最もやられてしまったバラです
ずっと葉っぱがない状態でこの夏を越しました
一時はこのまま枯れてしまうのではないかと思ったくらい
残暑の中でも少しの秋を感じるようになってから葉数も増えて蕾が付いたときには嬉しかったです
このバラが開花していると庭にその香りが漂います


       フランシス・デュプリュイ d
このバラの困ったことは。。。
写真の色が全然違います
これが通常の撮り方です
朱色が強くてまるで我が家のブラックティみたい


       フランシス・デュプリュイ c
これが私の苦肉の策で。。。
ホワイトバランスを白熱灯に合わせてみました
黄色みが少なくなって少しは近づいたような。。本当はもっと牡丹色の深い色

難しい~
べいべさ~ん 教えて~



       

10/21(木)

買い物

コメント

衝動買いと計画買い
こちらでございます!

ダリア

ダリアなんです~

「ダリアは上手く育てられない!」と言い続けていて最近は手出しはしなかったのに
このお色にな~んかコロッといってしまいました
特にお安かったわけでもないのに奮発して。。

そんな訳で私的にはビックリする衝動買いなのです~
来年も咲いてね~~~


           ダリア
こ~んな感じで。。。
雰囲気合ってますよね

ダリアは畑みたいに高さも揃えて並べて植えてあるより(某ダリア祭りで見てしまいました!)
ジベルニーのモネの庭みたいに風に揺れて太陽に向かって語り合っているみたいなのが好きです
秋にバラクラに行ったらそんな姿が見られて嬉しかった(バラはなかったけど。。)

うちでは地植えにする勇気がないので鉢植えでもそんなふうになるのかなぁ~



それから。。

球根

こちらは衝動買いではなくて計画買い(?)なのですが

うちの小さな庭でどこに植えるの~?
3箇所のショップから届きました

ブシキニア・リバノティカ 35球
シラー・シビリカブルー  15球
ムスカリ・ラティフォリューム 30球
ムスカリ・アルバ白
オーニソガラム・アラビカム  6球
   ***宝塚ガーデンフィールズに3月末に行った時に咲いていたものばかりです***
オマケでいただいたシラー・ビフォリアローゼも欲しかったものでした(ラッキー

実は8月の骨折で動けなかった頃にネットでついつい見つけてしまって

昨日は黒い茎がカッコイイアガパンサスも届きました

他にチューリップを(ネットではなく園芸店やHCで)
チューリップ・ホワイトバレー(スプリング・グリーンに似た八重咲き)
チューリップ・ホーランドチック(シャーリーがネットでは売り切れだったので代わりに色変わり)
去年好きだったのに開花の確率が低かった楊貴妃

今年も(植えっぱなし)で咲くか心配になって保険に同じものを
マリリン
クイーンオブナイト
シャーリー(園芸店にありました!)

チューリップに関しては昨年と同じを狙う超保守的
それは昨年のが万が一咲いた場合を考えてのことなんです
昨年その前のピンクダイヤモンドが見事に咲いたので

狭いところであんまりゴチャゴチャもね

それから原種以外のチューリップは植えっぱなしはウイリスに感染するのでいけないそうです
sa-koさんに忠告してもらいました
今年は堀上げ…ますか


宝塚ガーデンフィールズシリーズはパーゴラの下の花壇に地植えにしたいのですが
小さな球根で来年以降消えちゃったら残念かな~?
一部鉢植えっていうのが無難でしょうか?

気がつけば長々と戯言にお付き合いありがとうございます

そういえばまだ届いていないのに耐暑性抜群というゲラニュームもありました

10/20(水)

庭のようす

コメント

ホトトギス
昨日は朝晩はグッと冷え込み日中も曇っている時間が多かったためかやっと秋めいてきました

庭では少し前からホトトギスが咲き始めています
日本の野生種といっていいのかフツーの品種です


10月13日 初花

           ホトトギス 1


10月18日 朝日のホトトギス

ホトトギス 2


           ホトトギス 3
ちょっと気取ったホトトギスです~
でもこれではお花の様子が分かりませんね


10月19日 撮影

ホトトギス 4
お顔がよ~く見えますか
ホトトギスという名前の由来でもあるこの斑点
それにしてもメシベ(?)の先まで丁寧に
神様もお暇だったのでしょうか
ritsuさんが名前の由来など詳しく載せていらっしゃるのでリンクさせていただきました                    
                    →<染みだらけのホトトギス>


           ホトトギス 5


           ホトトギス 6
まだ蕾もありますのでこの自然の造形美を暫く楽しめそうです


明日は絵に描いたような衝動買いをUPしますので呆れてください(笑)
バラもやっと咲き始めましたし忙しい~

10/17(日)

庭のようす

コメント

紅葉 第一弾
我が家の庭にも小さな秋が訪れています
紅葉ですよ~

毎年楽しんでいるカシワバアジサイはまだその気配がありませんが
今年はキレイになりそうにない気配かも。。


ヘンリーヅタ

           ヘンリーヅタ 1
あまりと言うか全然(?)蔓が伸びてきませんが今年は真っ赤な紅葉に


ブルーベリー

           ブルーベリー
まだほんの一部ですが紅葉が始まりました
ブルーベリーの紅葉はこの後長く楽しめるので花→実→紅葉と超お得ですね


ガウラ

           ガウラ 1
紅葉と言っていいのか でも紅葉しています
株元には冬越しのロゼットもしっかりしていて来年もきっと会えますね


           ガウラ 2
全体は今もこんな感じ
花もまだチョウの舞のように咲いています
茎が真っ赤になっているのもあって色っぽい


「ず~っと花が咲いている」繋がりで

アブチロン

     アブチロン

骨折真っ最中の8月に窓越しに楽しませてくれたアブチロンが今も咲いています
上の方にはまだまだ蕾も
どこにそんなエネルギーがあるのかと思うほどに蕾は確実に大きな花で咲いてくれます


紅葉に対比して緑が新鮮なジャカランダ  (話が彼方此方跳ぶのはオバサンの常

           ジャカランダ 2
羽のような優しい葉っぱが大好きです
寄せ植えの葉物のつもりで2年前に小さな苗を買いました

それが<みーさんのブログ>で素晴らしいお花が咲くことを知り大きく育てたくなりました
       ↑
     クリック     みーさんとの出会いもこのジャカランダでした

           ジャカランダ 1

と言っても場所がないので生垣の間に(結局行き当たりばったり)植えてみました

お花が咲くのは随分樹が大きくなってからのようなのでいつのことやら
見たいなぁ~

10/14(木)

庭のようす

コメント

ベンケイソウ
今日は午前中の曇っている間は庭仕事もなかなか快適でした
と思っていたら太陽が覗いて。。。
やっぱり暑くなりました

長いこと(恥ずかしくて何年って言えない!)植えっぱなしで鉢中根っこのアガパンサスの株分けをしました
それからパーゴラ下の花壇のシランの葉っぱをクリスマスローズに日が当たるように切ったり
バラの足元にも蔓延っているアイビーも切りつめました

少し前にTVでバラと一緒に植えてはいけないものの中にこのアイビーがありました
うちのパーゴラにはアイビーがじわじわ勢力拡大
柱にも這い登ってきました
この雰囲気が気に入っているのですがバラにはよくないのかな~



写真は昨年花付きで連れて帰ったベンケイソウです
やっと(?)咲き始めました

ベンケイソウ 1

ベンケイソウ(弁慶草)
   ベンケイソウ科
   学名:Hylotelephium erythrostictum( = Sedum alboroseum)セダムですね
   別名:イキクサ(活き草)
   葉が厚く,切り取って暫くおいてもしおれず,土に挿すと根が出て元気よく育ちはじめる丈夫な性質を
   弁慶にたとえたといわれている
   イキクサという別名も同じ趣旨
     
   
           ベンケイソウ 3
随分丈夫そうなのですがうちでは水やりの加減がよくわからなくて葉っぱがフニャフニャしていて。。。
水あげ過ぎ


           ベンケイソウ 4
コリウスはハンギングのを挿し芽したのがモリモリしています


           ベンケイソウ 2
カレックスとも


           ベンケイソウ 5
以前にも登場の寄せ植えが舞台です


           ベンケ<br />イソウ 6
コクリュウにも花が。。


カレックス
で…横から見るとカレックスがボーボーです



いつの間にかひっそりとミズヒキが咲いていました

           ミズヒキ 3

ミズヒキ(水引)←私 江戸っ子なもんで「ミズシキ」って言ってました
     タデ科
     学名:Polygonum filiforme
     熨斗などに懸ける紅白の水引が名前の由来です。
     上から見ると赤,下から見ると白というわけです。←下からの写真を撮りそこないました
     日陰を好むようで,林の下生えに見られます。

     
           ミズヒキ 2


           ミズヒキ 1
後に見える黄色っぽいのはツワブキの蕾です
昨年は一緒に咲いてツーショットが撮れたのですが<去年の記事>今年は一足お先のミズヒキでした
                                                            

10/13(水)

バラ

コメント

気温も夏でバラも夏
久しくバラの花が途切れていた庭に一輪

咲いたのは春にはあっという間に散っていたジュリアです
既に蘂まで覗いていました
まだ「夏のお顔」いや「残暑のお顔」ですね


           ジュリア 1
連日の夏日の気温だからでしょうか?
お元気なビタミンカラーで茶を帯びたアンティークな雰囲気には程遠いです


ジュリア 3


ジュリア 2


ジュリア 4
波打った花びらと蘂がキレイです
秋のお花も見せてくれるのでしょうか?
ちょっとヘンな時期に咲いちゃったね



ついでと言ってはナンですが…
9月末に咲いていたグラミス・キャッスルです

           グラミス・キャッスル 1
ピンクの蕾が…


           グラミス・キャッスル 
クリーム色で開いて…


           グラミス・キャッスル 4
大好きなサーモンピンク


           グラミス・キャッスル 5
夏のお顔でお疲れ様~と声を掛けたくなります

絶え間なくとまでは行きませんがグラミスキャッスルには秋の蕾も覗いています

10/10(日)

庭のようす

コメント

キンモクセイ
2日続きの雨となってホッとしているところです
株分けや草取りなど湿っているとやり易い仕事が待っています

予報より早くに雨が上がって朝から青空
気温も上がり陽射しが強すぎて本日庭は休業
午前中に行ったHCでもうパンジー・ビオラがよれよれの売れ残り状態にビックリ
浦島太郎状態でした


あ~!ゴメンナサイ
普段お仕事の方にとっては貴重な休日が雨となって残念ですね

全国的に天気の快復が早かったようですね  この色の文は14:27追加

写真は雨の前に朝日の中で撮ったキンモクセイです


           キンモクセイ 1
キンモクセイ
 モクセイ科モクセイ属
 中国原産
 分類が耐寒性常緑小高木であったり常緑性中高木で耐暑性普通・耐寒性やや弱いだったり
 強健な花木ではあるようです


           キンモクセイ 2
今年のキンモクセイは花の数もとっても多くその香りは室内までも届いてきます


           キンモクセイ 4
今年はキンモクセイ茶(桂花茶けいかちゃ/グイファチャア)もできそうです
<昨年の記事>
ブロ友(娘)彩さんの<実際にキンモクセイ茶を作って飲むところの写真付き記事>
<桂花茶がダイエット効果が>という記事ですがその香りからそんな気はしませんが???
骨折太りの私の味方か


           キンモクセイ 5
キンモクセイのこの幹の感じも好きで 以前強く剪定してもなかなかスタイリッシュでした


キンモクセイ 6
無表情と思う葉っぱも光を通して


           キンモクセイ 7
この足元がお気に入りのシェードガーデンになっています
花後は剪定して少し日当たりをよくして冬に備えます


           キンモクセイ 3
この豊作ぶり(?)に耐暑性がよっぽど強いのかとも思ったのですが
別に理由があったのかも
           
『キンモクセイは排気ガスなどの大気汚染に敏感で空気が悪い場所だと花芽が付かなくなったり、花が咲いても香りが弱くなることがあります。
葉の表面が汚れることで、このようなことが起こるようです。
そのような場合、生育期にときどき葉の表面を洗い流すように水をたっぷりとかけてあげると花付きがよくなります。
また、同じ効果で梅雨時期によく雨の降った年キンモクセイがよく咲く、などといわれるそうです。
葉の表面が雨によって洗われるからでしょう。』
                               <ヤサシイエンゲイ|キンモクセイ>より

たくさんの花といい香りはゲリラ豪雨のお蔭だったのでしょうか?
大気汚染に敏感なキンモクセイがいつまでも咲いて欲しいと改めて思いました

10/06(水)

庭のようす

コメント

コスモスとその後のシマトネリコ
爽やかな青空で秋~です
キンモクセイの香りに包まれての庭仕事
といってもこちらの最高気温は26℃とか
涼しい日陰に陣取ったハズが気がつけば日当たり抜群
日向での庭仕事は汗ばみます
お昼までで室内に舞い戻りました
室内の爽やかなこと


今日の写真はこの季節にどうしても。。とコスモスです


           コスモス


       コスモス 1


           コスモス 2


           コスモス 3


           コスモス 4


           コスモス 5

実は写真を撮りたくて&絵手紙に描きたくて鉢植えを連れて帰りました
1ポットに3色植わっていました
野原のコスモスが好きですがこれは室内からも楽しめるところに置いてあります



シマトネリコは今…

夏に初めて花を咲かせたシマトネリコ
           シマトネリコ 7月7日
                         花の様子(7月7日撮影)


今は羽のような実が桃褐色(そんな色ある?)になっています
           シマトネリコ  1

シマトネリコ  2

シマトネリコ  3
ピンクに見えてオヤッと写真を撮りました

その前は白色だったので本当に羽のようでキレイでした
今年は丁度その時期骨折中だったので写真がありません

その様子がいつもお世話になっているみーさんの<small garden>で見られます
勝手に拝借! みーさん お許しを!!

来年も咲いてくれたらバッチリ記録したいです~



10/04(月)

寄せ植え

コメント

ヒメノキシス 寄せ植えリメイク
昨日のことですが夏ダメの寄せ植えのリメイクをしました
といってもパンジー・ビオラまでの間のマイナーチェンジです


ちょっと寄ったGCで惹き付けられてしまったのがヒメノキシスでした

           garden ヒメノキシス

ヒメノキシス
   キク科 ヒマワリ属
   輪郭線のように入っている茶色のラインと花色とのコントラストが魅力的です
   気温が高い時期は開花が止まりやすくなりますが、
   早春~晩秋までの長期間お花を楽しむことができます
    半耐寒性多年草 過湿が苦手


  ヒメノキシス2

ヒメノキシスにはエレガンスイエローとイエローファンタジーというのがあるようですが違いがわかりません

やわらかいクリーム色に外側の茶色の描いた様なラインが堪りません
半耐寒性だし夏の蒸し暑さも苦手なようなのですが一時の満足でもとわがままに連れ帰ってしまいました


ここに入りました 
          
           ヒメノキシス オリーブ
オリーブが主役の寄せ植えです
ここのユーフォルビア・ダイヤモンドフロストの大暴れっぷり
見にくいですが上の方はオリーブと背比べをしています

マトリカリアもまだ元気なので切り戻ししたラミウムと共に残しました
絶不調だったカリブランコ(初めのうちだけ開花)の根っこを取り除きました
その空いたところと他の隙間を掘り起こして腐葉土と堆肥を混ぜ込み緩効性肥料も与えました

そこにヒメノキシスを植えつけました

随分いい加減なやり方です

オリーブは底の開いたプラ鉢に入れて植えてあります
上の方で他の根っこと絡み合うことはないハズです

春の様子は→<5月30日>



           ダイヤモンドフロスト
ついでに地植えの方のユーフォルビア・ダイヤモンドフロストの様子
7月の骨折前に切り戻ししていたのでこんもりとしています

<ユーフォルビア・ダイヤモンドフロストの育て方>



キャツラを加えて

           寄せ植え
ジュリアン・ビクトリアナが細々ですが夏を越すことができました
ヤブコウジもルメックスの葉っぱに埋もれて元気
夏からずっと開花している宿根ブラキカムを切り戻ししてジュリアンと共に後ろ向きで養生
その間を秋の雰囲気にキャツラを加えました


3月19日の様子

     3月19日
この頃は地味だと思っていましたが…賑やか

この鉢のリメイクはルメックスが鉢底まで根を張ってしまい
全部掘り返して根を整理して切りつめたものもありました
新しい培養土で植えなおしました

ジュリアン・ビクトリアナの夏越しのお花を見たいがための努力でございます
作業の途中でカミキリムシ発見
ガンバッテビクトリアナ


何回登場ですが

           ワイヤープランツ
毎年今頃はこんな感じになっています

これはカセット式なので季節の花の入れ替えは簡単です
もう少しこの緑で我慢

種明かしは…

     寄せ植え カセット

この寄せ植えの2008年からの変遷は<コチラ>

10/01(金)

庭のようす

コメント

クレロデンドルム・ブルーウイング
昨日は結局一日中しとしと雨でした
気温も低くて家事日和(?)
庭以上に夏の間滞っていた我が家の家事
二階は階段を昇るのが苦だったのと暑さも手伝ってとんでもないことに
収めるべき場所に収めることから始まりました

そして昨日は休パソ日にしました
ちょっとPCの前に座ってやりかけると長くなってしまうダラダラ族なものですから

今日は朝から青空
家の中は快適なのですが庭に出て日に当たると体感温度はかなり高いです
写真を撮ってから鉢植えの整理をして早々に室内へ



ブルーウイングが今シーズンやっと咲き始めました

今年になって別の植物かと思えるほどに枝が伸びてしまいました(徒長枝?)
エネルギーを枝を伸ばすのに使い切ってしまうのか花のほうはサッパリでした
既に何回も咲いているはずだったのでその分も含めていっぱい写真を撮ってみました


       ブルーウイング 1


       ブルーウイング 2


       ブルーウイング 3
青いチョウのような妖精のようなとにかく可愛い花です


           ブルーウイング 4
ちゃんとした(?)流通名はクレロデンドルム・ブルーウイングというらしいですが
覚えられそうにないのでブルーウイングで覚えました

<生産者さんのサイト>です


           ブルーウイング 5
優しい花からは想像もつかないような蕾も面白い


           ブルーウイング 6
全体が大きくなってしまい花が小さく見えます


           ブルーウイング 7
これが全容
植え替えたときの鉢の可愛さが不釣合いで
この鉢にこんもりすると勝手に思い込んでいました


昨年の写真が見つかりましたので追加します

             2009年11月7日

2009年11月7日に連れて帰ったときはこんなに小さかったのです

花が済んだらコンパクトに切り戻して冬を向かえるようにしてみます
昨年の冬は日当たりのいい軒下で大丈夫でした



今日のお客様

オオスカシバ
苦手な予感のする方は当たっていますので今日はここまでに。。。


       オオスカシバ 1
ガの仲間ですが羽は鱗粉が羽を振動させるためにおちてしまい透明です
それが名前となっているのですね
オオスカシバというそうです
漢字で書くと大透羽蛾
気になる方は<オオスカシバ(おおすかしば)> ←クリックです


       オオスカシバ 2
うぐいす色に赤と黒の帯とタイガースカラーが鮮やかで疑似餌みたいです


       オオスカシバ 3


       オオスカシバ 4


       オオスカシバ 5

最後までお付き合いありがとうございました


あ~!バラとクレマチスとクリスマスローズのネームプレートを作り直しました
以前のアイスクリームの木製スプーンは土と水が相手で朽ちてしまいました
今度は100均のポリプロピレン製です


Designed by OreappDroid
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。