プロフィール

Aozoraharuka

Author:Aozoraharuka
ガーデニングを趣味にしたらブログを覚え
写真の楽しさも知りました
どれも自己流の拙いものですが宜しくお願いいたします

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--/--(--)

スポンサー広告

コメント

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05/31(月)

お出かけ

コメント

花フェスタ記念公園
昨日はsa-koさんと可児の花フェスタ記念公園に行って来ました
予約注文していた新苗を受け取るのが一番の目的でしたが
この時期ですからもちろん満開(ちょっと過ぎ)のバラもみてきました


花フェスタ記念公園 3
いつもは少し外れたシーズンに行ってゆっくり見てくるのですが
真っ盛りの日曜日は駐車場に入るのも待つ状態
人混みと予報より気温が上がってボーっとしてあまり写真も撮りませんでした


花フェスタ記念公園 1
比較的空いていたオールドローズの小径
ここは行く度に通るお気に入りのエリアですがこんなに満開なのは初めてだったかも。。


           花フェスタ記念公園 2


花フェスタ記念公園 4
写真で見るとごった返した様子には見えませんね


       花フェスタ記念公園
予約していた苗の今日の園内で咲いている様子です
秋に見たときとはどちらも印象が違っていて複雑な心境でしたが。。

左 オーギュスト・ルノワール(HT)
右 スヴニール・ド・ラ・マルメゾン(oldブルボン)

特にスヴニール・ド・ラ・マルメゾンはこの花なんです~
秋にはこのお顔が見られるでしょうか

          スヴニール・ド・ラ・マルメゾン


この他にショップに並んでいたジャクリーヌ・デュ・プレ(s)を連れてきました

          ジャクリーヌ・デュ・プレ(s)
昨年も今年も国バラで惹かれたバラです


花フェスタ内のこのショップは新苗が1,300円とお値打ちなのです
オールドローズやHTなどがそろっていますよ
もちろん発送もしてくれます
          <WHITE BEAR> 
                   品種一覧の樹形も参考になります
 

           
スポンサーサイト

05/30(日)

寄せ植え

コメント

夏用寄せ植え
「夏には鉢を減らします!」と言いながら
夏用の寄せ植えができています~
暑さに強い丈夫なもののハズですが。。。



マリーゴールドの寄せ植え
まだモリモリしていないのでカッコ良くありません!

       マリーゴールドの寄せ植え

マリーゴールド・きらきら星は一重で黄色からオレンジ、濃いオレンジまで混色のように混ざっています
この写真では賑やかな様子が分かりませんね
ユーフォルビア・ダイヤモンドフロストはこの夏に向けてマイブームです
コリウス・ブラックマジックは引き締め効果で
下に下がっているのはロータス・クレティクス


5月5日に植えたとき
           
           オリーブの寄せ植え1
主役は2品種が絡んでいるオリーブです


       オリーブの寄せ植え
ここにもユーフォルビア・ダイヤモンドフロストが。。。
夏の私の定番はカリブランコ…花がら摘みをしなくてよいので


5月25日

オリーブの寄せ植え2
ラミウムとライムグリーンのマトリカリアが勢力拡大
カリブランコは切り戻ししたので花はお休み中
他にヒューケラも入っています

この雰囲気も結構好きです~



コルジリネとワイヤープランツが定番の寄せ植えのリメイク

       コルジリネの寄せ植え
チョコレートコスモス・チョカモカは従来よりも暑さに強いそうです
ミニチュニアは極小輪のペチュニアです

05/28(金)

庭のようす

コメント

5月の花壇(ブルー&ホワイトガーデン)
まだ先日(2010-05-17)にUPしたばかりの<気分はブルー&ホワイトガーデン>ですが
遂にカンパニュラ・メイブルーが開花し始めたので再びのUPです


           カンパニュラ・メイブルー


           カンパニュラ・メイブルー1
淡いブルーで期待どおりの花でした
秋からじっくり株が育ちましたので花茎は何本もあがっています


           カンパニュラ・パーシフォリア・アルバ
カンパニュラ・パーシフォリア・アルバも花の数が増えました


           デルフィニューム・ブラックナイト
主役になるハズだったデルフィニューム・ブラックナイトは大きなヨトウムシ(?)に蕾の途中を食べられ
迫力に欠けてしまいました
瞬間をテデトールしましたよ~


           デルフィニューム・ブルーバード
デルフィニューム・ブルーバードとのツーショットは実現できませんでした
                         5月13日撮影のデルフィニューム・ブルーバード


       ブルー&ホワイトガーデン1
ジギタリス・パープレア・アルバは巨大になっています
他に昨年の国バラの記念品のミニバラも咲いています


       ブルー&ホワイトガーデン2
花が終わってしまう夏に活躍してくれそうな葉っぱたち
ハート型の葉っぱはハナズオウ
今花が付いているフェスツカ・グラウカはシェードガーデンからここに移動して元気になりました
パイナップルミントとメギ 横浜バラクラで見つけたイポメア


全体はこんな感じ

ブルー&ホワイトガーデン
カンパニュラ・メイブルーの色が天気が好すぎてとんでます
ガウラが旺盛に咲いています

やっぱりブルーが少ないな~来シーズンに考えよう


追加の写真(a.m.10:40)

ブルー&ホワイトガーデン
少しブルーの感じが伝わるでしょうか~?


ゲラニウム

ブルーと言えば青い花のゲラニウムに憧れたのですが苗に会えず
2009年1月にネットで種を購入しました
比較的暑さに強いという白い花のゲラニウム・ピレネカム・アルバム と
青い花のゲラニウム・プラテンセ でした

種は殻から出して表皮処理・吸水処理後に種まきするというものでした
簡単に言えば殻から出した種にカッターナイフでキズをつけて水に浸すということです
丁寧な説明書も付いていたのでがんばってやりましたよ

種まき後昨年は花は咲かず(本当は2~3ヶ月で咲く予定でしたが)
苦節1年以上でやっと花を見ることが出来ました
 

ゲラニウム・ピレネカム・アルバム

           ゲラニウム・ピレネカム・アルバム
たくさんの花が咲いています


ゲラニウム・プラテンセ

           ゲラニウム・プラテンセ 青
こんなに大きな花だとは思いませんでした
今はこのブルーで咲いていますが。。。


実は

           ゲラニウム・プラテンセ 白
二株のうち最初に咲いたのは 白い花 だったんです~
このときは随分前のこととは言えもう一度ラベルを見直してはがっかりでしたが
青も見ることができたのでよかったです

どちらも綺麗な花です

結局残ったのはこの2鉢だけになってしまいました


05/27(木)

バラ

コメント

フレンチローズ マダム・フィガロ&ジュリエット・グレコ
二日間の土砂降りの最中に大好きなバラが咲きました
どちらもデルバール社(仏)のマダム・フィガロとジュリエット・グレコです

マダム・フィガロは昨年はウドンコ病が酷くて遂に一度も綺麗な花になりませんでした
そんな待ちに待ったバラでしたが雨女(?)
傘をさしては何回も見に行ってしまいました


5月23日撮影
           マダム・フィガロ1
昨年は花びらの周りが灰色になってしまいましたが今年はセーフ


5月25日撮影
           マダム・フィガロ2
このコロンとした蕾も愛らしいです


           マダム・フィガロ3
花びらがハート型なんです~


           マダム・フィガロ
ずぶ濡れでの開花です


5月26日撮影
           マダム・フィガロ
これ以上の開花はやはり無理のようです



ジュリエット・グレコも昨年の春はウドンコ病でお花を見ることはできませんでした
その後は花付きの良さを発揮してくれましたが


5月23日撮影

ジュリエット・グレコ1
柑橘類(解説ではグレープフルーツ)の爽やかな香りが広がります


           ジュリエット・グレコ2
シュートをそのままにしておいたのでホウキ状に蕾がついています


           ジュリエット・グレコ3
雨のなかで開花は進みました
雨が酷いので室内から望遠ズームで撮りました


5月25日撮影
           ジュリエット・グレコ4
ずぶ濡れでも完全開花


5月26日撮影
           ジュリエット・グレコ5


           ジュリエット・グレコ6
やっと雫の付いていない花が撮れました


この他に今咲いているのはあのピエール!
これから咲くのはひなあられ
そろそろ我が家のバラ<春編>は終了です

05/25(火)

庭のようす

コメント

5月の花壇(南面花壇)
合言葉のようになってしまいましたがよく降りましたね~
夕方にはまた雨という予報でしたので朝から散った花びらの大掃除と項垂れたジギタリスなどに支柱をしました
きっと時間が許す皆さんは同じだったと思います

そしてPCに向かったら…キーボードでいつものように文字が打てません
どこかに触れてしまったようです
結局買った家電量販店にSOSの電話をしたら親切に教えてくれて即解決しました
声から大体お顔もわかりましたよ~
お兄さんありがとう

で…遅くなりましたが
グショグショのバラではなくて雨の前に撮影した花壇の様子です


            南面花壇1
ムクゲの陰からの写真です
我が家の春の定番スタイルになってきました

中心になるのはツルバキア

            ツルバキア
20年近くの年月を経て球根が増え 夏から秋までず~っと次々に花が咲きます


いつも一緒のバラ・ボニカ82

            ボニカ82
修景バラなのですが剪定が下手なのでしょう
一面に花を付けるというよりは枝先にポツポツ咲きます


3年目の名無しジギタリス

            ジギタリス
最初の花が終わっても脇から何回も花茎が伸びる多産系(?)ジギタリス


今年植えたジギタリス 2種

ジギタリス・パープレア・サットンズアプリコット

            ジギタリス・パープレア・サットンズアプリコット


ジギタリス・ピンクシャンパン

            ジギタリス・ピンクシャンパン
一緒に写っているのはローズゼラニューム これも定番


2年間楽しんだ大好きだったブルースターが枯れてしまいその後に植えたセントーレア・モンタナ

        セントーレア・モンタナ



  南面花壇2
道路から見るとこんな感じです
右下の茂っている葉っぱはスカビオサでファイヤーキングとブラックナイトがあります


2009年5月19日
2009年5月19日の撮影
このときに比べると今年は全体に開花の遅れが分かります


2008年7月13日
2008年7月13日の撮影
ブログ開始が8月13日でしたので(そこからリフォームした5月まで無理にもどっていますが
5月のここの写真はありませんでした

右の方の写っていない方に今年加わったもの

            オンファロデス
欲しかったオンファロデス


            ギリア・レプタンサ
花色に魅せられてギリア・レプタンサ


            南面花壇3
東の端からの様子
左上がムクゲの木です
ムクゲに真っ黒についていたアブラムシですがテントウムシの親子がキレ~に食べてくれました
今も幼虫の数はすごく増えて庭の彼方此方に拡散していってます


        アジサイ
パーゴラの外側にも内側にもアジサイが植えてあります
開花まであともう少しですね

                カシワバアジサイ
場所は違いますがカシワバアジサイも順調です


雨にも負けず…の今朝のピエール

            今朝のピエール
最後まで咲いていてくれるのはこのピエール様かな~!?

05/24(月)

バラ

コメント

ブラックティ(HT)&ソリドール(HT)
昨日は一日中雨と共に気温はぐっと下がりました
外出もしたので庭はチラッと見ただけです

今日はそんな雨でも散らないバラです

ブラックティ(HT)

           ブラックティ(HT)

系統  ハイブリッドティー
作出  1973 京成バラ園 日本
花   赤茶色 大輪 半剣弁高芯咲き
咲き方 四季咲き
香り  中香
樹形  木立性 120cm

春秋の夜温が低い時に本来の花色になり絶品の花が見られる
夏場など高温期は明るい朱赤色になる
枝は直立して伸びやや背が高くなる。

5月17日
       ブラックティ(HT)5月17日


5月18日
       ブラックティ(HT)5月18日


5月20日
           ブラックティ(HT)5月20日
例年にない寒い春が幸いして本来の(期待通りの)紅茶色で咲いてくれました
秋のバラ園でこっくりとしたこのお色に一目惚れ
しかし最近の温暖化で派手な朱赤で咲くことが多かったのです
春にこの色は初めてだったかも。。。


           ブラックティ(HT)5月20日
大輪が分かるように母の手を添えてみました
手が緊張してる~


ソリドール(HT)

5月17日 朝
           ソリドール(HT)朝


5月17日 夕
           ソリドール(HT)夕
多分5月17日は真夏の暑さだったのだと思います
あっという間にこの状態でちょっと残念!

品種名   ソリドール Solidor  
系 統   HT ハイブリッドティ
作 出   1985年 フランス Mailland
花     黄色 大輪
開花性   四季咲き
香 り   微香
樹 形   直立性
樹 高   1.2m~1.5m
樹 勢   強い

枝数が多く、花つきのよい、耐病性に優れた育てやすい品種です
            ↑
バラのことを知らない頃だったのでココに惹かれて選んだバラ
ある意味で思い出のバラ(かな?)

05/23(日)

バラ

コメント

セプタード・アイル(ER)&スキャボロ・フェアー(ER)
朝の水遣りの前にまずは花がら摘みをします

バラの中には花びらがちょっと触れたり揺れたりしたときに
ドサッといっぺんに落ちるものもあります
水遣り中にそうなると濡れてくっ付いて後の始末に手間取るので
その気配のあるものを先に切ります
我が家でその危険性が最も高いのは昨日UPしたグラミス・キャッスルです
色々な意味で目が離せないバラですね

ハイブリットティー(HT)のほうが花びらは散りにくいように思います


今日のバラも要注意

セプタード・アイル(ER)

           セプタード・アイル(ER)4
半つる性なので後方を門柱に誘引しました
ミルラ香というのがまだ理解していませんが間違いなく好い香りです

           セプタード・アイル(ER)1


       セプタード・アイル(ER)


           セプタード・アイル(ER)2
ディープカップですがゴージャス過ぎないところが好きです
毎日偵察していますが蘂が旨く見えません


           セプタード・アイル(ER)3
ドサッ!寸前の褪色してきたこの雰囲気はエレガント

           
           セプタード・アイル(ER)5
全体はこんな感じ
株元のこぼれ種のセリンセと隣のコンテナのセリンセとのコラボです



スキャボロ・フェアー(ER)

           スキャボロ・フェアー1


       スキャボロ・フェアー(ER)
浅いカップの花が殆ど連続して咲きます
そんな可愛い子はセプタード・アイルとは反対のもう一方の門柱前の特等席です
顔を近付けると爽やかな香りがします


           スキャボロ・フェアー(ER)2
やっとパーゴラの下の方も賑やかになりました


おまけ

一昨日の寄せ植えの合体は。。。

2010年1月11日の様子
       2010.1.11
憧れのカレンデュラ・コーヒークリームが入り 他にも好きなものばかりの超お気に入りの寄せ植え
後方のレースラベンダーもず~っと咲き続けます


2010年3月12日の様子
       2010.3.12
主役は原種系クリスマスローズのリビダスでした


この後カレンデュラ・コーヒークリームは次々に咲き
パンジー・ビオラと種まきっ子のイングリッシュデージーがもの凄い勢いでモリモリしました
後に潜んでいたセリンセも今にも襲い掛かりそうな勢いでした
このときの写真も撮っておけばよかったな~


で…一昨日の様子
             寄せ植えリメイク
なんとなく写真のなかったときの雰囲気が分かるでしょうか?

05/22(土)

バラ

コメント

ラベンダー・ドリーム(S)&グラミス・キャッスル(ER)
昨日は最高気温が31.5℃となった愛知県です
そんな日に午前中は寄せ植えの解体と合体をやっていました
合体というのはまだしばらくは楽しめるものをまとめて一鉢にしてみたのですが。。。
あ~ッ!写真を撮っていませんでした~


国バラのレポートで遅くなりましたが我が家のバラを順番にUPします



昨年の国バラで話題になったラベンダー・ドリーム

        ラベンダードリーム
これは今年の国バラで見かけたもの
昨年同様こんもりとさせて見事に咲いていました


       ラベンダードリーム1

咲き始めの色は濃くキュートです
咲き進むとラベンダーピンクに変わっていきます


品種名   ラベンダー・ドリーム Lavender Dream     
系 統   S シュラブ
作出年   1984年  
作出国   オランダ
作出者   Interplant 

花 色   ラベンダーピンク
花 径   小輪
香 り   微香
開花性   四季咲き
樹 形   半つる
樹 高   2m
樹 勢   強い

小輪の花を枝いっぱいに咲かせる人気の品種です。
紫がかった花色が魅力的で、
フェンスなどに小型つるバラとして仕立てると見ごたえがあります。
イタリア・モンツァ国際コンクール入賞1987年ADR受賞。

           ラベンダードリーム2


           ラベンダードリーム4


           ラベンダードリーム

昨年新苗で購入したのですがシュートがよく伸びたのでツルに仕立てました
たくさんの蕾が付き喜んでいましたが 次々にバラゾウムシにやられてしまいました
特にブルーの額の周りは私が期待していた分酷くやられて花が少なくなってしまいました 



グラミス・キャッスル(ER)

           グラミス・キャッスル(ER)1


       グラミス・キャッスル(ER)

表情豊かなグラミス・キャッスル
その色も淡いピンクだったりクリーム色だったりとにかく目が離せません


           グラミス・キャッスル(ER)2
どのバラよりも全体がバランスの良い形になりました
細い枝にも花が付き倒れても居ますが。。。


05/21(金)

お出かけ

コメント

第12回国際バラとガーデニングショウ Ⅲ
乗りかかった船ということでお付き合いください
第12回国際バラとガーデニングショウの最後はコンテストです

ガーデン部門のテーマは「花が主役の庭」です

賞の獲得には関係なく私の独断の好みでその一部をご紹介します


「花に囲まれた素敵な生活」

コンテスト 花に囲まれた素敵な生活1


           コンテスト 花に囲まれた素敵な生活2


コンテスト 花に囲まれた素敵な生活3

バラと宿根草で構成された庭はその色彩も優しくて
とっても好きな雰囲気でした

                         コンテスト 花に囲まれた素敵な生活4
偶々製作者の方にも会うことができました


ささっと写真だけご紹介します
手抜き~
              
           コンテスト キッチンガーデン3


コンテスト キッチンガーデン1 

                         コンテスト キッチンガーデン2



コンテスト2


コンテスト1


ハンギングバスケット1


ハンギングバスケット2


ハンギングバスケット3


ハンギングバスケット4

いつもながらハンギングバスケットのモリモリぶりには驚きます


今回のショウで気になったのは
ピーターラビット(?)
ギリア・トリコロールですね!偶々見つけることが出来ました  



我が家の庭では

       花壇

イキシア・ヴィリディフロラ(2年目で植えっぱなし)     オンファロデス
ギリア・レプタンサ同じギリアでも随分違いますね


お付き合いありがとうございました

05/20(木)

お出かけ

コメント

第12回国際バラとガーデニングショウ Ⅱ
今回のメインテーマ「~バラにつつまれる贅沢を~」の企画展のサロン・ド・ローズ

その中で一番気に入ったのは「エミリー・ディキンソンの庭」
写真を見ていただいたら納得していただけるのではないでしょうか
黒柳徹子さんがプロデュースして、大野耕生さんがバラ選定をし、佐藤進さんが製作したというガーデンです

エミリー・ディキンソンの庭1


エミリー・ディキンソンの庭2


エミリー・ディキンソンの庭


           エミリー・ディキンソンの庭3


エミリー・ディキンソンの庭4


エミリー・ディキンソンの庭5


           エミリー・ディキンソンの庭6
バラと宿根草の組み合わせのナチュラルガーデンは体が接する混雑の中でさえも
ふと安らぎを感じる雰囲気でした


テーマガーデンは「~花が主役の庭~」
著名なガーデンデザイナーが作った庭です
その一部をご紹介します


マーク・チャップマン氏の「リトリートガーデン~英国流癒しの庭~」

マーク・チャップマン1


           マーク・チャップマン2


           マーク・チャップマン3


マーク・チャップマン4
室内からの庭の眺めを体験できます
こんなふうに庭を眺められたら幸せでしょうね
芝生に見えるのはカモマイルで踏んで歩くといい香りがするのだそうです
関係者という女性たちが庭に出ていましたが一般人はそれは出来ませんでした(残念!)


ケイ山田さんの「フラワーガーデンのティーパーティー」

ケイ山田


           ケイ山田2
色彩豊かな花々でバラクラとも重なるような雰囲気でした


次は最後でコンテストガーデンです


我が家の庭では

昨日は一日中雨でしたがその前の庭作業では(28℃になりました
ハンギングを解体して夏越しのための準備をしました

ビオラ ラブラドリカ

ビオラ・ラブラドリカの葉っぱも銅葉から緑色に変わっています
鉢植えで日陰の通路でひっそりと夏を過ごします


           ブラッククローバー

寄せ植えのブラッククローバーにも花が。。。
花はフツーにシロツメクサですね

05/18(火)

お出かけ

コメント

第12回国際バラとガーデニングショウ Ⅰ
5月14日(金)に友人のsa-koさんと第12回国際バラとガーデニングショウに行ってきました
昨年は初参加で広い会場と熱気に舞い上がって見損なった展示もあって反省ばかりでした
そのリベンジでもう一回ということになりましたが混雑はやはり同じ
写真は気が付けば200枚以上も撮っていましたがボケボケも多く難しい~

きちんとした解説ができないのもありますが
日にちが経つと益々薄らいでいくのでそれなりの報告ということに甘んじさせていただきます


第12回国際バラとガーデニングショウ 219 



会場のグラウンドに下りてまず迎えられるのがこの「ローズアベニュー」です

ローズアベニュー1

ローズアベニュー2
バラ名人・鈴木満男さんのバラです
私も最初に購入したバラの本は鈴木満男さんのでした

      ローズアベニュー
こんなふうに品種名がついています
それはとっても嬉しいことなのですがこの荷札はねぇ。。。
↑のジキタリスの写真でも荷札がピラピラ見えます
でもこんな朴訥なところも鈴木満男さんなのかな~とも


「新しいバラの風」という展示

      新しいバラの風

      新しいバラの風2
新品種や話題作が紹介されていました



特別企画「ピーターラビットの庭仕事ー英国湖水地方の街から」
                    ピーターラビット1


「マグレガーさんのやさい畑~おいしい!たのしい!キッチンガーデン」   西武造園

ピーターラビット2
大好きなオルラヤとリシマキア・アトロパープレア・ボジョレーのツーショットにうっとり
 

ピーターラビット3


              ピーターラビット4


ピーターラビット5
キュートな色彩で元気が出そうなガーデンでした


ピーターラビット6
主役のピーターラビットも発見
                                          ピーターラビット7


「湖水地方のコテージと森のガーデン」  ユ・メ・ミ ファクトリー/加藤造園/上野砂由紀

湖水地方1


湖水地方2
写真の右に見える白い花を付けた花木
会場でよく見かけたのですが皆さんが「オオデマリにしては小さいし何でしょう?」と
ここでスタッフ(職人さん風)にお話が聞けました
花が咲き始めてここに移植するのでこれ以上花が大きくなれないとのことでした
やはりオオデマリなのでした
ちょっと可哀想
この後は無事に余生を送れるのでしょうか?


「丘の上のフラワーガーデン~ポターの夢見た花園」   清水工業GARDEN

丘の上のフラワーガーデン1
水辺が造られていて船も。。。


丘の上のフラワーガーデン2


丘の上のフラワーガーデン3


           丘の上のフラワーガーデン4
ホスタにバラとクレマチス
大好きな組み合わせでゆっくりと楽しみました


 次はテーマガーデンの方へ


我が家の庭では。。。

           バラとクレマチス
ブラックティとニューヘンダーソニーのツーショット
我が家では初めてのバラとクレマチスのツーショットです

05/17(月)

庭のようす

コメント

ブルー&ホワイトガーデン
一昨日夜遅く 国際バラとガーデニングショウと横浜バラクライングリッシュガーデンを巡る
花三昧の一泊旅行から戻りました
昨日は庭で花がら摘みぐらいでグダグダお疲れ休みとなりました

絢爛たるガーデニングショウと最高のガーデナーによる庭園を見た後のうちの庭
ガリバーと小人ほどの違いですが 
まだ写真がまとめられませんので先ずは小人のほうです

2日見ないだけなのに変わって見えるこの時期の花壇です


気分はブルー&ホワイトガーデンのシマトネリコの下

           オルラヤ
今の主役は大好きなオルラヤ


           デルフィニューム・ブルーバード
デルフィニューム・ブルーバードは昨年末にも開花した元気者


           ジギタリス・パープレア・アルバ
ジギタリス・パープレア・アルバは大きくなって開花し始めました


           カンパニュラ・パーシフォリア・アルバ
カンパニュラ・パーシフォリア・アルバ はまだ一輪だけですが開花です


           花壇(ホワイト×ブルー)
離れて見ると全体はこんな感じ
ブルー&ホワイトガーデンと言うにはブルーが少なッ!
デルフィニューム・ブラックナイトとカンパニュラ・メイブルーに期待
セリンセも咲いています




       

05/14(金)

寄せ植え

コメント

旅の思い出ハンギング
今日早朝の出発で第12回国際バラとガーデニングショウに行ってきます
今回も友人のsa-koさんと一緒です
昨年の初参加は会場の広さと熱気であれよあれよと時が過ぎてしまいました
後から他の方の写真を見て「こんなところ見てない!」な~んて。。。

今回はリベンジといういい訳でもう一度行かせてもらいます
1泊するので翌日は新しくできた横浜バラクライングリッシュガーデンに寄ってくる予定です


4月早々に作ったハンギングの寄せ植えがまだUPしていませんでした
なにしろ最近はバラにうかれておりましたので(笑)

好きな植物と旅行先で買った思い出の苗が入ったお気に入りの寄せ植えです


主役は深紅のゼラニュームです

           カリエンテ・ファイヤー1


           カリエンテ・ファイヤー2
新しいタイプのゼラニュームだそうでカリエンテ・ファイヤーといいます
写真では朱色っぽいですが実際は深紅で葉っぱもちょっと銅葉です


ヒューケラ・パリ

           ヒューケラ・パリ1


           ヒューケラ・パリ2


           ヒューケラ・パリ3
ヒューケラ・パリは花がよくあがり 植えつけたときから今は更にたくさんの花茎があがっています


ベロニカ・オックスフォードブルー

           ベロニカ・オックスフォードブルー
名前がついていなくて?でしたがmitiさんの記事からベロニカ・オックスフォードブルーかな?って思いました


コンボルブルス・クネオラム

           コンボルブルス・クネオラム
以前から欲しかったコンボルブルス
この横顔がいいのです~

以上は豊田ガーデン(ガーデンショップ)にて購入


<宝塚ガーデンフィールズから連れてきた苗>

三色ヒペリカム

           三色ヒペリカム
この葉っぱが深紅のカリエンテにピッタリ!


ラグラス・バニーテール

           ラグラス・バニーテール
このウサギのしっぽが可愛くて。。。
それに宝塚ガーデンフィールズっぽい雰囲気がして連れて帰れて大満足
           

<吉備路の宿の朝市にて>

 斑入りオステオスペルマム
斑入りが気に入って連れて帰りました

           
そして全体はこんな感じです
         
 ハンギング・寄せ植え
乾燥にも強いものが多いのでしばらくこのまま楽しめそうです


では…行ってきま~す

05/13(木)

庭のようす

コメント

姫檜扇 (ひめひおうぎ)
昨日は天気は好く青空でしたがとにかく風が強くて
庭作業もやる気になれず
写真をとるのも私もブレブレお花もユレユレでした

という言い訳を先にして(笑)

姫檜扇 (ひめひおうぎ)

           姫檜扇 (ひめひおうぎ)1


           姫檜扇 (ひめひおうぎ)2


           姫檜扇 (ひめひおうぎ)3

毎年こぼれ種から勝手に咲いています
それも花壇ではなく防犯ジャリを敷いた窓の下で
可愛い花で一見デリケートそうですがとても逞しい

昨年は4月28日にUPしていました
やはり今年は半月遅れですね


オ~!これは?

フクシア1
ベンケイソウに大輪が
ってうそうそ

ベンケイソウのうえにフクシアの花が落ちていました


           フクシア2
これが5月5日の様子です
今年も軒下で冬を越したフクシアは早々にいつになく大輪を咲かせました



マーガレット

           マーガレット
ローズマリーとの寄せ植えのマーガレットもフツーの花びらに戻り花が多くなりました


フツーではなかったとき

     マーガレット(4月10日)

スプーン咲きになっていました(4月10日撮影)

05/12(水)

バラ

コメント

バ~ラが咲いた♪

昨日までの雨があがり朝から青空
そしてやっと我が家の木バラも開花が始まりました
今年のバラは…黒点は出ていますが昨年悩まされたウドンコは出ていません


セリーヌ・フォレスティエ Celine Forestier

           セリーヌ・フォレスティエ1


           セリーヌ・フォレスティエ2


           セリーヌ・フォレスティエ3

系統:ノアゼット

作出:1858 A.Leroy フランス

花:淡い黄色 中輪 ロゼット咲き

咲き方:繰り返し咲き

香り:中香

樹形:半つる性 250cm

ピンクがかった蕾から咲くと淡い黄色を帯びた色合いになる
繰り返しよく咲く
枝は細くしなやかでフェンスなどに誘引するとよい
剪定して鉢でも楽しめる

           セリーヌ・フォレスティエ4

蕾がとってもチャーミングです
花がちょっと小さかったように思います
秋には中心にアプリコット色が入り感激でしたが春のお顔はシンプルです

これをリビングの東向きの窓に這わせたかったのですがまだまだ株が小さくて無理
在り合わせのオベリスクに絡んでいます

でも来年は期待できそうです
とっても力強いシュートが伸びています

             セリーヌ・フォレスティエ5
左の方…判りますか?
                        写真は何れも5月10日の雨が降り出す前に撮ったものです



そして雨上がりの今日のバラ

フランシス・デュブリュイ(OldT)

           フランシス・デュブリュイ(OldT)1
系統:ティー

作出:1894 Dubreuil フランス

花:ダークレッド 大輪 カップ咲き

咲き方:四季咲き

香り:強香

樹形:木立性 100cm

ティー系では珍しいダークレッドのカップ咲き (私の写真は色が明るくなってしまいました
夏は赤っぽい色になる。香りも強く人気の品種(と~ってもいい香りです
枝は初め細めだががやや横張りに直立する

           フランシス・デュブリュイ(OldT)2


           フランシス・デュブリュイ(OldT)3


グラミス・キャッスル(ER)

           グラミス・キャッスル(ER)
我が家では絶えず(と言ってもいいくらい)花を付ける超優等生のグラミス・キャッスルです
今年はウドンコも付かず旨く咲いていきそうです
株の姿好く沢山の蕾が付いています

咲き揃ったら又見てくださいね


パラダイス (HT)

           パラダイス (HT)1
リフォーム前からあったバラ
ずっと鉢植えだったのをこの冬に門柱前に地植えにしました
今までは日当たりが好すぎて濃いピンクのバラになっていることが多かったのですが
今度はパーゴラの陰にもなるので本来の藤色が見られそうです


           パラダイス (HT)2
系統:ハイブリッドティー

作出:1978 Weeks アメリカ

花:藤色に赤紫の覆輪 大輪 半剣弁高芯咲き

咲き方:四季咲き

香り:強香

樹形:木立性 120cm

藤色の花の端が日に当たると赤っぽく変化する(パーゴラの陰でこの藤色がよく見れそう
花つきはよく、春から晩秋まで連続して花をつける(その花つきで門柱前の看板娘の座をゲット
横張りぎみに伸び、大きな株になる


 パーゴラのクレパスキュール(OldN)
パラダイスの上方の様子
新苗から3年目のクレパスキュールがやっとパーゴラに馴染みました


           パーゴラのバラ
もっと離れると…
下に見える蕾はスキャボロフェア(ER)です

05/11(火)

クレマチス

コメント

ニューヘンダーソニー
昨日は予報より早い雨にガッカリ
昨日までより涼しいのでパンジー・ビオラの片付けをしようと思っていたのに。。。

そんな朝に今か今かと待っていたクレマチスが咲き始めました               

       ニューヘンダーソニー

あれ~~!私が思っていたヘンダーソニーと違う!!
ヘンダーソニーはもっと青っぽいですよね
去年購入時のチビ苗のラベルは間違いなくヘンダーソニーでしたが
ネットで調べたところこれはニューヘンダーソニーというようです
勝手にnewにならないで~


           ニューヘンダーソニー2

雨が降り出してから完全に開花
これも初めての色だし可愛がりますよ~
でも…ヘンダーソニーがいいなぁ~



           晴山

ラヌギノーサ系(難しい~!)の晴山 といいます
実はこれが我が家のクレマチスではトップバッターでした
やはり昨年のチビ苗で初開花
たった一輪 
この形のクレマチスは我が家では初めてです
大輪過ぎてなんだか照れくさい



           白万重

白万重です
これから咲き進む変化が楽しみ


次々開花する花達に連日の更新です~
           

05/10(月)

バラ

コメント

クレパスキュール
ガ~ン!途中まで下書きしたハズの記事が消えていた!!

気を取り直して(ハァ~

昨日の日曜日は朝から町内の大掃除と障害者施設のお祭りのお手伝いと一日中外生活
気をつけていたハズなのに顔は真っ赤で首にも変な形に日焼けの痕


そんな慌しい朝に撮った写真です

           クレパスキュール1


       クレパスキュール


クレパスキュール Crepuscule

ノワゼットローズ
フランス語で「黄昏(たそがれ)」を意味するこのバラはひらひらとしたアプリコット色の中輪半八重花
明るい緑葉で枝はスリムでよく伸びるつるバラタイプ
四季咲き性
フランス・Dubreuil作出 1904年

樹高:3~4m
花径:6~8cm
花形:中輪八重咲き
花期:5月~11月
樹形:つる性
香り:強香


帰宅後の黄昏時の表情

           クレパスキュール2


           クレパスキュール3


5月7日の蕾のとき

           クレパスキュール(5月7日撮影)

新苗を植えて3年目のクレパスキュールは旺盛に生長
蕾もた~くさん付けました
一部バラゾウムシにやられていますが。。。

でもこの様子を見ると薬剤散布は躊躇ってしまうのです

かなり気持ち悪いので苦手な方はとばしてください

           テントウムシ
お馴染みのナミホシテントウ
交尾する成虫と孵化したばかりの幼虫
タイガースカラーの幼虫がこのときは見つかりませんでした
黒いうじゃうじゃしているのは彼らのエサです


        ナミホシテントウ
ムクゲの葉に産み付けた卵とこれもナミホシテントウの成虫
ホシの数が多くない!? と浮かんだのが<ニジュウヤホシテントウ>
それは葉っぱも食べてしまう害虫です

これも紅紋型の<ナミ(ホシ)テントウ>と判りほっとしました

木の種類としてはムクゲ、モモ、カエデ‥がお気に入りのようなので
我が家のムクゲはテントウムシのパラダイスです
言い換えるとアブラムシがギッシリなんです~


お口直しに

ホワイトクリスマス

           ホワイトクリスマス
このくらいの開花が好きかも


ピエール・ドゥ・ロンサール

           ピエール
こちらは特定の個体を追っているので熟女( ピエール だけど)の雰囲気


ず~っと前から町内の春季大掃除は母の日に行われています
最近ではその大掃除も久々のご町内の皆さんとの顔合わせとなりオシャベリにも花が咲きます

母の日ももちろん感謝してもらいましたよ(こんなお気楽な母ではありますが)
娘からはバッグから出しても恥ずかしくない眼鏡ケース
これなら一生使えそう
今までのはメガネを作ったときにもらったオマケのでした

息子はいつもは休日の一日を使って物色して見つけてくれました
今年は私がいずれ欲しいと思っているものがあるのでその時に助けてくれるという目録がメールで来ました

私は「何も要らないよ!」なんて言う大人な母ではありません
今年は何かな?と待ち構えています
我が家の最大の行事かも
半強制的な時期もあったけど今となってはそれも好かったように思います
そんな訳で照れくさい年頃の中学・高校生のときもやってもらいました
カーネーション1本から始まって子供たちの都合に合わせたプレゼントです

感謝を表し 感謝する喜びと 喜んでもらう喜びを感じて欲しかったのです
な~んて言ってプレゼントは嬉しいのです

<一度消えてしまった文章 同じようには書けなくてなんかヘン

05/08(土)

庭のようす

コメント

銅葉キンギョソウ ブロンズドラゴン&ラベンダー
昨日はた~っぷり雨が降りました
バラの蕾が雨の中で次第に膨らんでいきました

中には強い雨と風で倒れてしまったものも。。。
一番目についた銅葉キンギョソウ ブロンズドラゴンとラベンダー
運良く雨の前に撮った写真がありました


           銅葉キンギョソウ ブロンズドラゴン 1
銅葉に惹かれて植えたブロンズドラゴン
どんな花なのか解っていませんでしたがなかなかシックなパープルピンクでした


           銅葉キンギョソウ ブロンズドラゴン 2


           銅葉キンギョソウ ブロンズドラゴン 3
銅葉とのコントラストも魅力的


           ラベンダー2
コデマリをバックにラベンダーがたくさん咲きました(鉢植えです)


           ラベンダー1
昨年は根を食べられてしまいすっかり弱ってしまいました
ダメモトで植え替えてみたら復活
今年はたくさんの花を上げてくれました


雨上がりに

夕方やっと雨が上がりました

           ホワイトクリスマス1
ホワイトクリスマスはしっかりしたステムで真っ直ぐ咲くので下からはよく見えませんでした
それが雨の重みでうな垂れて下を覗き込んでくれました
滅多に見られない正面からの全開のお顔です
かなりの大輪です(ピエールよりずっと大きいです)


           ホワイトクリスマス2
こんなふうに真っ直ぐ咲きます


そして 昨日のピエールも

           ピエール・ドゥ・ロンサール


05/06(木)

バラ

コメント

ピエール・ドゥ・ロンサール&オルラヤ
ついに今日 ピエール・ドゥ・ロンサールが開花しました
香りは隣で咲いているホワイトクリスマスには敵いませんが
これから咲き進むその姿と花保ちの良さは別格です 


           ピエール・ドゥ・ロンサール 1
コロンとした蕾はゆっくりと膨らんでいきました


           ピエール・ドゥ・ロンサール 2
低温で時間がかかったためか外側の花びらが傷んでいます


           ピエール・ドゥ・ロンサール 3
葉っぱに黒点が。。。


           ピエール・ドゥ・ロンサール 4
この姿がピエール・ドゥ・ロンサール!?
これから咲き進むとまた表情が変わります~


ナニワイバラは5月4日の朝一で切り戻ししました(撤去とも言います)
木バラの冬の剪定のように株元を残してバッサリと
特に茎の中に変化も見つかりませんでしたがこんな住人を発見

       害虫

日を追って萎れていくのを見ていたのはとても辛かったのですが
視界から消えてしまったら諦めが付いたというのか気持ちに変化が。。。

先日のクレマチス・プリンセスダイアナをここに絡ませようと次の場面を妄想しています

まだ望みもありますよ
残った株から新芽が出たら…ラッキーですね

ご心配いただいた皆様 本当にありがとうございます
コメントしていただき随分救われました
ブログをしていてよかったと思う瞬間でした



こちらもブログをしていてよかったと思った思い出の花オルラヤです

           オルラヤ 3
庭のリフォームを丁度始めた頃にテレビでこの花を知りました
いっぺんに気に入ってしまいその後随分探しました
街のショップでは見かけることもなくネットでも売り切れで出会いはありませんでした


           オルラヤ 2
そんな中でシンベリンさんのブログでオルラヤが素敵にUPされているのを拝見
そんな経緯と共にコメントさせていただいたらそれをご覧になったはなすみさんから
苗を送ってくださると言っていただき手放しで大喜び
これがオルラヤとの出会いでした


           オルラヤ 1
今はブログを閉じてしまったはなすみさん!お元気でしょうか?
今年はこぼれ種で大分増えてくれました
これからもこの花が咲く度に思い出すと思います
ありがとうございます 

05/05(水)

庭のようす

コメント

ガーデンラミウム・ガリオブドロン
天候に恵まれたGWも今日で最後ですね
昨日は春を飛び越して一気に初夏になってしまいました
今年の夏は暑いのか?涼しいのか?
全く予想が出来ない近頃の天気です


トラブルでスタートとなってしまった今シーズンのバラも
やっと昨日初開花
ナント!トップバッターはホワイトクリスマスでした

 ホワイトクリスマス


             ホワイトクリスマス
一季咲き(返り咲き)のバラですがこれなら年に1回でもいい!と思える格調を感じる花姿です
香りも強く満開のときは庭に出ると香りに迎えられます
パーゴラの上で咲いたので望遠で旨く映りませんでした
後日改めてUPしたいと思います


今日のテーマはラミウム・ガリオブドロン

       ラミウム・ガリオブドロン

変な名前だと思いながら葉っぱが面白かったのでカレンデュラ・コーヒークリームと一緒に送ってもらいました
シェードガーデンで気が付かないうちに花が咲いていました
思いもよらない黄色い花でその名前の印象通り怪獣が口を開けているみたい って妄想がヘン!?


           ラミウム・ガリオブドロン 

花盛りのシェードガーデンです


 ラミウム・ガリオブドロン 

もう一株は例のジミ~と言っていたハンギングに植えてありました
ここは今は日当たりが良くどんどん茎が伸びていきました
花の気配は全くありません
ここは前のムクゲが茂ると日陰になるので環境は合うようになると思います
外に向かって枝垂れるといいな~と期待しています


 ラミウム・ガリオブドロン 

いい感じの地味になりました


 ラミウム・ガリオブドロン 

バコパも賑わっています 

05/03(月)

買い物

コメント

ETC割引が使えるうちに!
ナニワイバラは気になりますが。。。

ご心配いただきご親切なアドバイスにいつもながら感謝です
こんな気持ちのやり場がないときにブログの存在に助けられます!

昨日は豊田ガーデンという最近お気に入りのガーデンショップに行って来ました
我が家から高速に乗ると30分もかからないくらいで行けます
今はETC割引で片道450円
なんとか許せる範囲で苗を買いたいときには足を延ばしています

でも…これが5月いっぱいで割引がなくなると片道850円
往復1,700円って
エ~ッおいそれと行けません
あ~一般道だと1時間くらいで行けるのでしょうかネェ~

ささやかな私の贅沢なお楽しみだったのに~~~~~

目的は先日タカシマヤから連れてきたオリーブと寄せ植えにする苗です
ついでに籠のハンギングとコルジリネとワイヤープランツの寄せ植えの差し替え用です

             豊田ガーデン
キャーなんかいつもと違う色彩
選ぶときはギラギラの太陽に負けない色をと思っていたのですが

今の気持ちの裏返しだったかな~
詳細は植えつけてからのご紹介にします

オリーブは…

              オリーブ
これが姿の好いオリーブの木です(笑)
よく見ると既に2本植えられています
マンザニロとルッカです<詳細>
実を収穫するなんて期待していなかったのですがこの状態は実もなるそうです

2本の根が絡み合っていて大丈夫なのかな~とも思うのですが。。。


一昨日落ち込みながらナニワイバラの下でハチと遊んでみました

       ハチ
ハチの足に花粉ダンゴが付いています
しっかり仕事をしているようです


そのハチの仕事場は…シラー・カンパヌラタです

 シラー・カンパヌラタ
             

             シラー・カンパヌラタ(ブルー)


             シラー・カンパヌラタ(ピンク)


             シラー・カンパヌラタ(白)
この1枚がハチと遊ぶきっかけに。。。


             シラー・カンパヌラタ
昨年も書きましたが『多分10年以上同じコンテナにそれもアイビーと共に植えっ放しのシラーです』
昨年1本に付いている花の少なさを実感しました
植え替えるなんて言いながら結局堆肥を混ぜた土を足すだけでした
本当に丈夫なシラーです


05/01(土)

バラ

コメント

ナニワイバラがSOS!
突然ですが落ち込んでいます

バラの蕾が膨らんできてその瞬間を迎えようとしている今 うちのナニワイバラがヘンです
2回目の開花に向けて蕾もずら~っと付いていました
常緑のナニワイバラはこの頃に古い葉っぱが黄色くなります
それを昨年は心配になって騒ぎましたが皆さんから教えていただきホッとしました

今年もその傾向はありましたが慌てず見守っていました
ところがここ3~4日前から新しく出た葉っぱに元気がありません
水切れ状態で萎れています
地植えなので水切れはしていないはず
地面も湿っています
ダメ元の活性剤もビクともしません
毎日酷くなっています

       ナニワイバラ

こんな状態です
発育旺盛なので肥料は殆どあげないのが原因か元々葉っぱが貧相だと最近気が付きました
それがいけなかったのか?

今日は遂に株元を掘ってみました
確かに2匹幼虫はいましたが1.5cmくらいのものでそこまで影響があったとも思えません
でも確かに根の張り方は弱々しく唖然

気になって庭に居ても何をしょたらいいのか判らずに草むしりをしては見上げるばかり

もしお☆様になるんだったらこの時期というのはキツイです~
たくさん蕾を付けたままになるのか
間に合って咲くのもあるのか

ツルバラはその占める面積が大きい分こんな時のショックも大きいですね~

という訳で今日2回目の更新となりました

他のツルバラは…

             ピエール・ドゥ・ロンサール
ピエール・ドゥ・ロンサール 黒点が見えます


 ホワイトクリスマス
ホワイトクリスマスは今のところ順調

05/01(土)

お出かけ

コメント

sa-ko ガーデン
昨日の予告どおり友人のステキなガーデンをご紹介させていただきます
ブログを始めるのはまだ先になるということでしたのでお節介にUPしちゃいます

友人ってコメント欄でご存知の方もいらっしゃるかも…sa-koさんです


             sa-ko ガーデン
門の前の階段を利用して可愛く鉢植えが並んでいます


             sa-ko ガーデン
何気ない一鉢がとっても素敵でした


             sa-ko ガーデン
私の憧れの銅葉のスモークツリーも鉢植えで花も付けています


             sa-ko ガーデン
ガーデニング暦の長いsa-koさんの地植えのバラは力強い大きな株になっています
これからが楽しみですね~
バラのお花にも会えるといいな


       sa-ko ガーデン
オステオスベルマムのスプーン咲きも勿忘草も大株になっていていい感じ~


             sa-ko ガーデン
ハナミズキも青空に映えていました

以前は庭の管理を負担にも感じていたsa-koさんでした
私のブログを通して他の方のお庭を見るうちにガーデニングへの意欲が出てきたと言ってくれたのを
とても嬉しく思いました一目で心を込めてお手入れしていると感じるお庭になっていました
sa-koさん!これからも花友としても息子の母同士としてもヨロシクです


Designed by OreappDroid
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。