プロフィール

Aozoraharuka

Author:Aozoraharuka
ガーデニングを趣味にしたらブログを覚え
写真の楽しさも知りました
どれも自己流の拙いものですが宜しくお願いいたします

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--/--(--)

スポンサー広告

コメント

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/26(金)

庭のようす

コメント

9月のまとめということで…
がんばってます

チェリーセージ
5月に地植えにしたチェリーセージは夏を過ぎて花つきがよくなりました

ギボウシ  ギボウシの花
ずっと前から我が家にあったギボウシは品種も不明ですが 株分けしたパーゴラの下は住み心地がいいようです
秋の気配と共に新しい葉が増え花もつきました

ミニバラ  ミニバラ
このミニバラは夏前に約20ポット¥398という超ディスカウントで購入したときのものです
その後何回も花をつけて楽しませてくれその度に写真も撮ったのですが…肝心の花にピントが合わなくって まあ今回はこの程度でも

フランネルフラワー
8月上旬に切り戻ししたフランネルフラワー 初めての花で不安もありましたが無事夏を越し蕾もついて

発芽 ビオラとセリンセ  セリンセ プライド・オブ・ジブラルタル
9月9日に種まきしてもうすぐ20日
初めてなのでこんなもんかな~?って感じです
セリンセは種も大きかったので逞しい芽です
部分的に表面にコケが生えてきたのは???今取ると種ごと取れてしまうし
今日液肥を水代わりにしました(2週間毎の予定)

ゼフィランサス(タマスダレ)
昔からよく見るこれはタマスダレと言った方が馴染み深いかも
ピンク同様今年はよく咲いています



害虫もがんばってます


葉裏の卵
バラの葉裏の何かの卵
これが何箇所かで見つかり パーゴラの上まで伸びたピエール・ド・ロンサールでは脚立に登って取り除きました 思ったより高い
パーゴラにツルバラと思ったときに覚悟はしていましたが
慣れるものかな~           
 
アゲハ(?)の幼虫
これはアゲハの幼虫?もしそうなら害虫というのも申し訳ないけれど
この山椒の木は小さすぎてとても賄えきれないので今回はゴメンナサイ



ハンギングたち

ハンギング
たまに上から眺めてみるといつもとは違う新鮮な(^▽^;) が見られます

ミリオンベル(しだれ咲き)
ミリオンベルはたまに切り戻しと肥料をあげるだけで咲き続ける優等生
ペチュニアのような花がら摘みをしなくてよいところも大好きなところ

コリウス・サルビア・ベゴニア・トレニア
最強夏のハンギングコリウス・サルビア・ベゴニア・トレニア

ベゴニア・サルビア  コリウスの花
ぼちぼち切り戻しかな~                 春のハンギングはコリウスが全盛                  

9月の庭もとっても元気で楽しむことができました
元気すぎて季節の変化があまり感じられませんが…

来週は旅行などもあり(残念ながらガーデニングには無縁です)お休みになりそうです

    



スポンサーサイト

09/22(月)

病害虫

コメント

青空の下で…コガネムシの幼虫
昨日は一日中断続的ではありましたが ものすごい雨でした
先日の台風のときよりも凄かったような気もします
今日は朝から青空
たっぷり水を吸収した庭は さすがに水をあげる必要もなく のんびりと雨で落ちた花がらの片付けをしていたら…
ずっと元気な寄せ植えの 特に変わらない姿が健気だった白のベゴニアがおかしい
株元が土に付いていなくてただ置いてあるだけの状態
エェッ
土をほってみると予想的中
いましたコガネムシの幼虫
ベゴニアの根は跡形もなくなくなっていました



コガネムシ幼虫  寄せ植え
こんなのが6匹見つかりました              左奥がベゴニア


お気に入りの風景

窓辺のゼラニウム
窓辺に必ずといってもいいくらい花が飾られているスイスの景色に憧れてリビングの窓に置いてみました
スイスでは小さなプランターに溢れるように花が咲いていましたが我が家では何かが違うようです
それでも置いて1年以上になりますが冬の間もずっと花が見られます

カーテン越しに
庭をリフォームしたいと思って 先ずこのシェードカーテンを作りました
生垣をなくすので通りからの程よい目隠しにシェードカーテンがいいと思い
カーテンのキットと外から見えにくいカーテン生地を購入 南側の窓は掃きだしの大きな窓なので
ひたすら縫いました


ジニア
8月に一度切り戻しをしたジニアが再び夏の最盛期と同じくらいになりました
当分この場所を頼もしく仕切ってくれそうです

09/18(木)

庭のようす

コメント

発芽は…?
待ち遠しかった芽がやっと

9/16 セリンセ
9月9日に種まきして 5~6日たってから毎日のぞいても変化なし
9月16日にセリンセの芽を発見 種まきしてから1週間
初めての種まきには長く感じてしまったけどこんなものでしょうか
ビオラは…シーン


9/17 ビオラ    9/17 セリンセ
9月17日ビオラも発芽 まだ3-4本ですが でも0ではなさそうでひとまずホッツ


今 心配なこと

春にツルバラの新苗を植えるとき まだ株が弱いので鉢で育てて 株がしっかりしてから
冬に地植えをとアドバイスしていただきました
しばらくそのようにしていましたが 梅雨の頃 丈夫だと聞いていたナニワイバラを地植えにしてしまいました そのせいか思ったより細いツルが伸びています

ピエール・ド・ロンサール
一方ピエール・ド・ロンサールはアドバイスどおり鉢のままで 初めは細いシュートだったのが
たくましい太いシュートも伸び 今ではパーゴラも超えています
こんなに立派になってしまったのを鉢からうまく地植えにできるのか?
宿題をかかえている気分です


切り花 マダム・フィガロ
雨にあたる前に切花にしてみました
下の方の枝がうっとうしかったユーカリも剪定し とてもいい脇役です

09/15(月)

庭のようす

コメント

9月の庭の泣き笑い
ショック

9月に入ってから気が付けば 室内にも日光が入るようになって 我が家の庭には陽射しがあふれている
柔らかい陽射しとは言い難い   何しろ最高気温はまだ30℃を超えていたので
真夏はパーゴラでうまく日陰ができていたのでむしろ今のほうが過酷かも(?)

サザンクロス
9月の初めにはこんなに元気だったサザンクロスがナント
                                                  
切り戻したサザンクロス
地植えには水をあまりあげていなかったら それでもこれは時々あげる方に入っていたのだが
蕾もついているのに株全体がカサカサと完全に水切れ状態
株周りを掘ってみても害虫の気配もなく 水をあげるとますますひどい 根づまり?って地植えでも?
一応切りつめてみました
復活は難しいかな


秋の花は色鮮やか

過酷かもしれない我が家の庭で 夏からずっと咲き続けている花たちは
朝晩の涼しさがいいのかその花色がとっても鮮やか
何回も登場しているけれど

マダム・フィガロ
太陽の陽射しが明るすぎると色が飛んでしまうやさしい色
大好きなマダム・フィガロ


ペンタス ペンタス
ホントによく花をつけるペンタス 特にホワイトは夏の間涼を誘ってくれた

メドーセージ
切り戻しがうまくいってそろって花をつけ高さも丁度良くなった

パラダイス ひなあられ
今はこんなに濃く赤が強い                 ひなあられは咲き始めが濃いピンク

ブルーサルビア
結局切り戻しをしていないブルーサルビア ブルーの花色は今が一番鮮やか






09/12(金)

病害虫

コメント

枕木の穴は蜂の宿?
夏中悩んでいました

5月にリフォームして作ったパーゴラは 柱を実際に使った後の枕木を使い その雰囲気が大変気に入っていました
当然柱にはボルトの痕の穴があいていて そこに麻ヒモを巻いた鉄筋を刺し込んでハンギングをかけたりして楽しんでいました
ところが この夏に花に集まってくる蜂たちが どうもこの穴に入っては休憩するので 気になっていました 
やってくる蜂の種類はいろいろで なかには○○スズメバチもいたのです

なにか蜂を寄せ付けない薬品などないものかと9月5日にパーゴラの施工をしてもらった<モアリビング>に相談してみたところ 蜂は穴の中に入る習性があるようで 薬品では効果が薄れると再び蜂が来るようになるので 穴を埋めてしまうのがいいとのことで早速昨日やってくれました
主人となにか対策をと困っていましたのでとっても助かりました
アフターサービスということで更に助かりました 

garden+004_convert_20080912132423.jpg
ここは横に3つ穴があったので中央はハンギングが掛けられるよう長いボルトで 両側は枕木から作った穴に合わせた木片を埋め込んであります

garden+006_convert_20080912132822.jpg  garden+007_convert_20080912133014.jpg
デザインも考えてボルトや木片で埋め込み 雰囲気を損なわないで無事蜂が潜む穴はなくなりました


ユーカリの成長

ユーカリ
現在のユーカリ ひと夏でこんなに大きくなりました

ユーカリ
5月11日に植えたときのユーカリ 

植栽の成長は勿論うれしいことですが なにしろ小さい庭なので 剪定をして丁度いいサイズを維持するのも我が家の庭では大切な仕事になりそうです

09/10(水)

庭のようす

コメント

種まき
昨日 やっと種まきをしました
種から育てるほどのまめさはなかったのですが<節約!ガーデニング道場>に刺激を受けて
又私でもできそうな解説に励まされてやってみたくなりました


種まきのために用意したもの

種まきグッズ
土としてオススメだった圧縮パームビートが数軒回ったホームセンターにも農協にもなく
あきらめて種まき用の土を購入
トレーを買いに100均に寄ったところナントあるじゃないですか レンガみたいなの
これが圧縮パームビートですね

圧縮パームビートヤシから作ったもので100均で居合わせた方も絶賛でした  

garden+005_convert_20080910110908.jpg
1個について3リットルの水を注ぐと約4リットルの土ができあがるということでしたが
水の量が多かったようで出来上がりはホッコラというより水っぽくなってしまいました
 

garden+007_convert_20080910111610.jpg
せっかく買ってしまった種まき用の土があるので
種まき用の土と圧縮パームビートとを混ぜて使いました
一部圧縮パームビートだけのもやってみました
今回蒔いたのはビオラのブラックジャックF1ソルベYTT セリンセ・プライド オブ ジブラルタルです
ニゲラは直播きのほうがいいようなので後日
トレーに水をはりました


美しく咲き始めたので…

マダム・フィガロ
マダム・フィガロ
これは茎が細いのでついつい支柱をしていたのを鈴木満男さんの本に従って支柱をやめたら
細くてもたくましくなって支柱は不要になりやさしい風情がでるようになりました
花つきもよくなったので株全体がたくましくなったようです


オクラ再び

オクラ
葉っぱをハダニにやられて(無農薬で育てたいので被害にあった葉を取る)しばらく休憩だったのが
最近次々に開花 実をつけます
葉の形が真夏のときより細くなったのはなにか足らないのかも
でもこれもいいスタイルです  


09/08(月)

庭のようす

コメント

残暑の庭で
今日も30℃を超す暑さ まさに残暑です
残暑にもへこたれず頑張っているのは…


トレニア
イソトマ・ペチュニア・トレニアのハンギングは切り戻した後 イソトマは切り戻しすぎで細々と伸びただけで ペチュニアは復活したが 断然元気にハバを利かしたのはトレニアだった
最近ではハンギングの殆どがトレニアになってしまった

サルスベリ
サルスベリは開花後種が出来ないように花の枝を切っていたら 二番花がつき満開中
3色ともそろって見られる

たぶんバラ・パラダイス(?)の表情いろいろ
バラ・パラダイス
garden+016_convert_20080908174754.jpg garden+001_convert_20080908175159.jpg
①                          ②
garden+010_convert_20080908175417.jpg garden+019_convert_20080908175624.jpg
③                          ④
蕾から満開になるまでいろいろな表情が見られますが 私が好きなのは②の頃でしょうか




09/04(木)

病害虫

コメント

訂正版
<訂正のお知らせ>

8月28日再び害虫の季節?
バラの葉っぱについていた幼虫は
チャドクガではなくてイラガでした

チャドクガ


このことを教えてくださったのは「むしむしぱらだいす」ー園芸益虫害虫図鑑ーのふぁーじさんです
ありがとうございます
ふぁーじさんのメインサイト「節約!ガーデニング道場」もとてもわかり易く気に入っているのでご紹介します
私も種から育てたくなって この秋は種まきに挑戦しようと思っています


バラの名は?

バラ
9月3日開花して直ぐのとき

バラ
今日の姿はパラダイスの写真に近いようです

09/03(水)

バラ

コメント

夏剪定は…?
丁度この時期 四季咲きのバラに<夏剪定>を行うのですが
我が家のバラには珍しいくらいにたくさんの蕾を付けている今
夏剪定が秋に良い花を楽しむためとは言え 全部切っちゃうなんて
          …できない
アンティーク・ローズ・ガーデンの<剪定スリー・ディー作戦>私もこちらを実践したい

バラ
このバラ 名前はパラダイスパープルグレース
写真付きの名札もありますが季節によって花の色も変わるため区別がつきません
以前はただ鉢を並べているだけだったので

サザンクロス
酷暑の間一休みしていたサザンクロス
雨が続いているうちに花をいっぱいつけていました

サルビア・ベゴニアハンギング
パーゴラは色々にハンギングができて庭を立体的にするのに便利
Designed by OreappDroid
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。