プロフィール

Aozoraharuka

Author:Aozoraharuka
ガーデニングを趣味にしたらブログを覚え
写真の楽しさも知りました
どれも自己流の拙いものですが宜しくお願いいたします

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--/--(--)

スポンサー広告

コメント

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/30(月)

バラ

コメント

今年も1年ありがとうございます!
うわぁ~~~
もう日付は変わって30日です
まだお節の準備は黒豆を煮ただけです
例年は29日にも下準備をしているのですが
昨年余裕があったので気を抜いてしまいました
今日は(まだこれから寝るので明日っていう感じですが)集中して料理リョウリりょぉ~~~り

一応今年最後の庭

        セプタード・アイル
セプタード・アイルをツル仕立てにしているので
既に剪定誘引は済ませたのですが
一輪だけ残しておいた蕾が開花してくれました



        クレパスキュール
クレパスキュールにはこんなに花が
パーゴラの上に誘引は諦めて中段から下のアイアンネットに誘引しました
上の方は高枝バサミで切ってあとはそのまま…どうなることやら


年の〆もばあばバカで
        最近の手仕事

ノンタン帽がきつくなってきたと言うので
急遽作ったノンタン2号とお揃いのケープです

初めてのクリスマスは娘には超アナログだねと笑われましたが
鈴入りウサギとピューピュー笛入りの熊さんです
イマドキのオモチャはパパさんばあばが買ってくださったそうなのでまあ好いバランスかと(笑)


どうか皆様お元気で新年をお迎えくださいね
今年も1年お付き合いくださってありがとうございます!
スポンサーサイト

12/07(土)

バラ

コメント

ラ・レーヌ・ヴィクトリアと格闘!
例年なら11月から始める鉢バラの植え替えも全くやっていません
ミミズの件は気になって
調子の悪いバラは一度は鉢から抜いて確認しようと思いつつ手付かず

で…昨日やったのは
元気な立派なベイサルシュートを伸ばしたラ・レーヌ・ヴィクトリアの鉢増し&誘引
お気に入りのバラでもあり気になって
歳と共にワガママになっていく自分の性格

昨年までの枝とはまるで違う太くて元気なベイサルシュートが約3mは伸びました
夏の間は私が動けなかったのでそのままキンモクセイの枝に紛れ込ませておいたら
台風にも折れることもなく無事過ごしていました

その根っこは我が家では珍しいくらい(?)絵のようにスリット鉢らしく張っていました
それをツル ホワイトクリスマスがお☆様になって空いた大鉢にお引越し
こんなこともあるかと用意しておいたオベリクスを立てて誘引なのですが

ラ・レーヌ・ヴィクトリアの3mも伸びたベイサルシュートは硬い
それをオベリクスに添わせるって。。。
腕も(右だけですが)力技で
上を向いての作業に首から肩は痛くなって首が攣った

本日の整体では六十肩よりガーデニング疲れのお手入れに時間がかかりました


            ラ・レーヌ・ヴィクトリア誘引

オベリクスと同じくらいの太さのシュートです
でも1本だけ

今日になって棚卸セールのお知らせをくれた園○ネットのサイトを見ていたら
このバラの栽培方法に
『12月頃に新しいシュートの3分の1を切り詰め、細い枝や古い枝は元から切り取ります。思い切って樹高を低くする剪定を行うと翌年たくさんのシュートが出ます。』
ですって

明日バッサリです
先に読んでいればよかったなぁ~

ずっと前の楽天祭り(かな?)で買っておいたお安いオベリクスはプラスチック?(アイアンではないのです)
それに硬いシュートでねじれちゃってます
これはクレマチスくらいに使うといいのかもね

長々と書いてしまって。。。
ここでカレンダーが変わってしまいました


このまま庭の様子へ


 ジャクリーヌ・デュ・プレ
ジャクリーヌ・デュ・プレです



            ジュリエット・グレコ
ジュリエット・グレコですがこの蕾はもう無理かな~
夏の間元気がなくて秋のお花に会っていないので会いたいような。。
だからこそ無理させちゃいけないのかも



            イングランド・バイオレット
イングランド・バイオレットが益々良く咲いています



            ブルーベリー紅葉
ブルーベリーも益々紅葉が鮮やかになって再登場



  クリロー
この夏の猛暑で衰退気味のクリローさん達
蕾が覗いていて葉っぱが寝そべってきたのは葉切りをしました
右上はニゲルですがたった1つの蕾
ニゲルの葉っぱは切ってないのですが元々消えていました



 ビオラ
今年もベリーポットには黄色系のビオラ
冬の庭には元気が出るワンポイント



バラに戻って

 クレパスキュール 1
今年もこのギリギリの時期に咲いているクレパスキュール



 クレパスキュール 2
まだ咲く気マンマン
パーゴラの上で咲くこのバラの作業をどうしたものか
高枝バサミで切るとか~

11/30(土)

バラ

コメント

ミミズはバラの敵?
急な冬の訪れに庭仕事のペースが又落ちてしまいました


10月3日の記事で根腐れのことに触れましたが
この時はまだ厳しい残暑(?)だったのと六十肩がかなり辛い状態で
植え替えるのでイッパイで素通りしてしまったのですが
一つの鉢の中は(枯れてしまったコラーユ・ジュレの方だったかな?)もの凄い数のミミズでした
その土はネトネトしたいかにも窒息しそうな土になっていて

でもミミズって土を良くしてくれる味方だったハズなのに

その後枯れ葉の掃除をしていてミミズに遭遇しても今までのようなフレンドリーになれない


最近になってもその事が気になって調べてみました
(最近咲いたバラと共に)

ジュリア

      ジュリア


検索してみたところミミズにも色々あるようで
所謂土壌を改良してくれるのがフトミミズ
土を団粒化してくれる期待通りのミミズ



トットちゃん

      トットちゃん


一方でシマミミズというのが
釣りの餌やミミズコンポストに使われるのだそうです

シマミミズは腐葉土 ピートモス 米ぬか 堆肥などが大好物だそうです
細かい糞を垂れ流しながら移動して
この糞は鉢土に目詰まりを起こし土をドロドロ状態にするとのこと
これではバラが根腐れを起こすハズですね


セプタード・アイル

 セプタード・アイル


フトミミズの繁殖力は小さく秋に繁殖して卵で冬越しするのに対して
シマミミズは周年繁殖してコンポストでは2ヶ月でなんと倍の数に増えるそうです

我が家のバラ鉢にいっぱい居たのは間違いなくシマミミズだったようです
どうして侵入してしまったのかは更に観察してみないと判りません



           ヤング・リシダス


どちらのミミズも適材適所で一概に良いとか悪いとか言えないものですが
庭ではシマミミズは困った存在になります
庭にはフトミミズですね

以上参考にさせていただいたのは<鉢土のミミズについて><シマミミズって??>
どちらもリンクのお願いの方法が判らず勝手に掲載しています
ご不快があったらご連絡いただければ削除させていただきます


例年ですととっくに鉢バラの植え替え(鉢替えというのかな?)をしているのですが
今シーズンは私の肩のこと&孫ちゃんと娘のホームステイで手付かずです

こんなの作っていたりで。。。

          ノンタンキャップ

ベビーの髪の毛って本当に個人差がありますね
生まれつきフサフサ黒々のベビーもいれば
我が家の孫ちゃんのようにうす~くキューピーさんのような子も
お散歩の時に頭が寒そうなので帽子を作りました
チクチクしないように裏側はコットンジャージーです
懐かしい<ノンタン>みたいになりました


バラに戻って

調子の悪そうなのだけ鉢から抜いて様子を見ようと思っています
必要なら植え替えとなりますね
健康そうなのは先日ゲットのミラクルバイオ堆肥かヴァラリスバイオポスト
(この2つ随分お値段が違いますが)をパラパラで乗り切ろうかと。。。
たまにはこんな年もありますよね

10/03(木)

バラ

コメント

我が家のバラ事情
ウオォ~!
実感のないまま10月です
だって昨日も日中の気温は30℃を超していました

放置状態だった夏の間のバラについてまとめようと思っていたら
更にトラブルはingで

グチばかりの羅列になってしまうので
9月に咲いたバラの花と共に



スウィート・ジュリエット(9月16日撮影)

 スウィート・ジュリエット



フランシス・デュブリュイ(9月16日撮影)

 フランシス・デュブリュイ


根腐れ
9月に入って早々に(孫達が帰り庭を改めて眺めてみると)葉っぱが落ちたバラに次の葉っぱが出る気配もなく
鉢の土が乾かない
明らかに他のと違う様子のマダム・フィガロとコラーユ・ジュレ



グレッチャー(9月19日撮影)

 グレッチャー


夜のバラシャワー黒点は当たり前で葉っぱがないのでまともに鉢の土に水がかかって
翌朝の水やりでも猛暑を考えて水をやっていたら
ついに根腐れしてしまいました
バラの根腐れって初めての経験でした


ジュリア(9月21日撮影)

 ジュリア


鉢をスリット鉢のロングタイプに替えていたのも乾き難かったのかも
置いていた場所も花壇の土にポットフィートを使わずに直に置いていたり
上には遮光ネットが張っていたりと
重なった環境が悪条件になってしまったようです

六十肩も一瞬忘れて(?)小さい鉢に植え替えました

もちろんバラシャワーで元気に保たれたバラもありますよ


ブラックティ(9月29日撮影)

 ブラックティ

テッポウムシ
ナエマ姫の葉っぱが萎びてきて元気がない
よくよく見ると枝もシワシワ
根元から出ている太いシュートを切ってみてビックリ
見事に空洞です
外から触っても柔らかいのでそんな2本をバッサリ切ったら
中に3cmくらいのカップルを発見

残った株が復活してくれるのか秋バラどころではありません

更に一昨日クレパスキュールに再び木くずを発見
今回は太くなった株元から土の中へ向かっているみたいで
まだ正体発見出来ていません
その辺りにテッポウムシ専用殺虫剤をかけておきましたが


ジャクリーヌ・デュ・プレ(9月29日撮影)

 ジャクリーヌ・デュ・プレ

軒下に置いていたのは(スウィート・ジュリエット オウギュスト・ルノアール ブラックティ)
やはり雨に当たらないため黒点もあまり出ていなくて葉っぱがフサフサ
9月に入って秋剪定もしていますが
他のはオールヌードに近くてとても剪定なんて出来なくて
気持ちだけ先を切ったくらいです



ラベンダー・ドリーム&スキャボロ・フェアー(9月29日撮影)

 ラベンダー・ドリーム&スキャボロ・フェアー


ところで剪定の前に施肥をするのに
今までしていたように土に混ぜ込むことが出来なくて(鉢の移動が出来ないので)
IB肥料をパラパラっと撒いてみました

秋には花はともかく葉っぱを1枚でも多くと思う我が家のバラ事情です


 家の前の道
デジカメで撮っているとこんなふうに合わせたいところにピントが合っていないことがよくあります
私はバラに合わせるつもりだったのに道路にピントが
でもこんなのもいいかなって載せてみました

この秋は皆さんの秋バラを見せていただいて楽しみたいと思います

08/03(土)

バラ

コメント

夏美人さん♪
例年なら8月を迎えると此処から夏本番と覚悟するのですが
今年は7月早々猛暑日で長~~~い夏ですね

ベビーとの生活は平和な夜もあれば夜泣きで夜明けを迎えることも
極普通なベビーを迎えての日々なのでしょうね
心強い母乳にかなり助けられる育児でサポートする私もそれなりに慣れてもきました
昼食後には家族揃っての昼寝が日課なっています



庭は朝の水遣りと夜のバラシャワーをなんとかやっています
黒点はおさまっていますがホソオビの餌食になって丸裸のバラも

ゆっくり摘蕾できないのでついつい咲かせてしまうバラで賑わっています

そんな中で河本ローズの優秀さを改めて実感していますよ



トットちゃん

            トットちゃん 1
春の元気でキュートなお顔に代わって大人っぽい表情で



            トットちゃん 2



 トットちゃん 3
暴れた枝の先に夫々花が付きました(「咲いちゃった」のではなく「咲かせました」



            トットちゃん 4
花持ちもgoodです



ラ・マリエ

  ラ・マリエ
トットちゃんとは対照的に愛らしい雰囲気です



 トットちゃん&ラ・マリエ 8月2日
どちらも花持ちが良く昨日この写真の後で切りました



ジュード・ジ・オブスキュア

       ジュード・ジ・オブスキュア
イングリッシュローズのジュード・ジ・オブスキュアは「咲いちゃった」バラで
スッキリした夏仕様です
ユーカリの木陰が幸いして一日花ではないですよ



他にも「咲いちゃった」バラ

  8月のバラ
ジャクリーヌ・デュ・プレが額縁の中で咲いてくれたのはラッキー



ローブ・ア・ラ・フランセーズ

            8月3日 1
今日のローブ・ア・ラ・フランセーズ
もちろん「咲かせました」
河本ローズの花持ちの良さでこの姿が見られましたよ



 7月31日
7月31日撮影



 8月1日
8月1日撮影



            8月2日
8月2日撮影
最初に開花したのが少し傷んできましたが



            8月3日 2
もう一度今日の様子を

で…向こうに見えるのは

バラじゃないけどこの際カテゴリは無視して花木花壇です~


 花木花壇 アナベル
アナベルにもノンビリ屋さんがいるのですね
白い花が爽快感を
トウテイランに花穂が伸びてきました



            花木花壇 ガウラ
ガウラも再び舞っています



写真が見つかりました

 ガウラ切り戻し
6月22日撮影
例年より早くガウラを切り戻ししていました



            花木花壇 ロータスプリムストーン
ガウラに負けず元気なロータスプリムストーン
環境が合っていたのですね
花も咲いたのですが撮り損ねました
これはどうしたらよいのか。。。
これも涼しげなのでOKです

出来る時にと思ったらついついダラダラと
お付き合いありがとうございます

07/01(月)

バラ

コメント

バラ二番花 そして黒点病
夏の宿根草の開花が楽しい中でバラの二番花も続いています

写真を撮る気にならないようなのもありますが
記録のためにササッとUPさせていただきますね



 ローブ・ア・ラ・フランセーズ
一番美しい二番花 ローブ・ア・ラ・フランセーズ



 フランシス・デュブリュイ
夏のお顔の フランシス・デュブリュイ

どちらもベーサルシュートをそのままにしていたのでホウキ状に咲いてしまいました
「途中で摘む」っていうのが出来なくてパア~っと咲かせてしまいます



     ベーサルシュート
嬉しいことにシュートがよく伸びるようになりました
このベーサルシュートはこの時に摘んでみました



  チュチュ・モーヴ
雨の最中であっという間に過ぎていった チュチュ・モーヴ



  スヴニール・ド・ラ・マルメゾン
春の花は汚れていた スヴニール・ド・ラ・マルメゾン がまあまあ美人で
理想はもっと美人になれるはずなのですが



        バラ二番花 2
ジュリエット・グレコ(これも) と ヨハン・シュトラウス
どちらも花びらが汚れていますね~



 バラ二番花
シュシュ と トットちゃん
遠目にしておきます



 バラ 黒点病
ガーン  昨日の朝の様子
一夜にして黄葉でした
夕方になってキトサン+ニームオイルを散布しましたがどうでしょうね?
早くバラシャワーを始めたいのですが。。。



 クレマ ポンパドールピンク
5年目になるクレマチスのポンパドールピンクはパーゴラの彼方此方に伸びて切り戻しの仕様もなく
そのままで今も咲いています
こんな静かなクレマチスにホッと癒されます

06/16(日)

バラ

コメント

6月のバラ
昨日は午後から久々の雨
「久々」って今は梅雨真っ最中のハズなのに。。。
今年の夏はどうなってしまうのでしょうね?
水不足が心配です
沖縄では既に梅雨明けですものね

今朝は夏を思わせる青空で陽射しも痛いほど強いです


昨日の朝に撮った写真です



バフ ビューティ

 バフ ビューティ 1
一日中部屋からも眺めては幸せな気分にしてくれました



            バフ ビューティ 2
初登場ですよ~
お友達のsakoさんから挿し木が付いたと頂きました



 バフ ビューティ 3
ずっと気になっていたバラなので嬉しい
期待通り  いやそれ以上



 バフ ビューティ 4
開花後に鉢増しをとそのまま柱に掛けてツルバラ風に



ジュリア

 ジュリア 1
例年遅咲きだったのが今年はみんなと足並みを揃えて咲いてくれた一番花から
二番花も先頭を走っています



 ジュリア 2



            ジュリア 3
実はそのまま伸ばしてしまったベーサルシュートに付いたホウキです

余談ですが後の梅の実が見えますか?
小さいながら豊作です


他にもポツポツと一日花状態ですが

       ジュード・ジ・オブスキュア
       ナエマ&ジャクリーヌ・デュ・プレ
       フランシス・デュブリュイ
ジュード・ジ・オブスキュア
ナエマ&ジャクリーヌ・デュ・プレ
フランシス・デュブリュイ



以前から五十肩(実際は六十肩)に悩まされていたのがいよいよ辛くなって
遂に先週は整形外科に
レントゲンの結果も骨には異常はなく間違いなくその「五十肩」とのこと

固まった筋肉を解さなくてはいけないと
先ずヒアルロン注射
へえ~~っ美容整形で聞くアレだ

その注射を打つとその途端に腕が上がるではないですか
先生がおっしゃるには「クレ5○○」みたいなものですよって
その後電気を当ててリハビリもしてきました

1週間に1~2回のリハビリと1週間~10日に1回のお注射で快復に向かいます

久々に肩・腕から重しがとれたような感じです

06/04(火)

バラ

コメント

バラの葉っぱにイヤリング?
いやぁ~
W杯出場が辛うじて決定
余裕だったハズが。。。
それにしても劇的なPKでしたね


今朝の水遣りで不思議なものを発見しました

            ブルースター 1
前回の記事の続きで大好きなブルースター



 ブルースター 2
今年は早々に盛大に咲いています



                  ブルースター
と言うのも冬に切り戻しをし損なってこんなふうに花が付いてしまいました




            バラ ジュレ&ブルースター 1
その鉢を花壇の定位置に差し込んでおいたらコラーユ・ジュレとのツーショットに



 バラ ジュレ&ブルースター 2
もう少し離れるとこんな感じです


で…その河本さんのバラのコラーユ・ジュレの葉っぱに

   虫えい(虫こぶ、ゴール)

朝これを見つけた時は
何?ナニ?な~~~に?

左写真のようにグリーンのイヤリングが付いた1茎を切り取って袋に密封
その後ググっているうちに画像でそっくりの<虫えい(虫こぶ、ゴール)>を見つけました

中に幼虫が居るとはビックリでしたが
そんなに深刻なものでもないようで先ずは一安心



我が家のバラ最終章を彩っているのは

ナエマ

 ナエマ 1
ツル仕立てからバッサリ切ったのが遅かったせいかやっとの開花です



            ナエマ 2
既に伸びた先に咲いているので見上げる位置です



 ナエマ 3
ちょっと汚れていますが香りは抜群



グリーンアイス

 グリーンアイス
今までオザナリだったミニバラもちゃんと育てようと救済されたグリーンアイス
UPし損なっていました



ひなあられ

            ひなあられ 2
毎年最終で咲く正真正銘のノンビリ屋さん



            ひなあられ 1
その名前のように愛らしいバラです


他にも咲いているのは

       バラ
ヤングリシダスは最後の花がまだ咲き続けています

チュチュ・ムーヴはブラインドを切っておいた枝に咲き初めて
パラダイスはベーサルシュートに付いた花が咲いています(2番花?)
この2株はお礼肥をあげるヒマもありません



 バラ切り花

最後に旅行に行く前に梅雨入りと聞いて慌てて切ったバラです
淡いピンクはマダム・フィガロ

05/28(火)

バラ

コメント

今年のバラは元気!ドド~っとまとめます♪
我が家でもドクダミが咲いていると思ったら梅雨入りですね
アジサイも色付いてきました

バラも宿根草も一斉に開花して写真だけが溜まっていきます

週末は法事で東京に行く母に付き添い…出張のようなものかな
でも前日夜には友人とたっぷり語りましたよ

今週は遠方から来る友人との2泊3日のプチ旅行

今回もコメント欄は閉じていますが我が家で咲いたバラ達をご覧下さいね



ヤングリシダス(ER)

       ヤング・リシダス
後半に咲いたバラで印象的だった初花のヤングリシダス

バラの○元(?)店長さんの『大苗も最初はピンチしたほうがしっかりした株になる』というのを実行
その甲斐あってか花数は多いけど蕾の段階ではミニバラのよう
ところが開花が進むと。。。
と言っても中輪程度ですが超美人
秋には大輪も期待したいですね
香りは解説どおりに素晴らしいです


イングリッシュローズを続けます

スウィート・ジュリエット(ER)

  スウィート・ジュリエット (ER)



グラミス・キャッスル(ER)

       グラミス・キャッスル



ジュード・ジ・オブスキュア(ER)

            ジュード・ジ・オブスキュア (ER)



スキャボロ・フェアー(ER)

       スキャボロ・フェアー (ER)



            スキャボロ&ラベンダーD
スキャボロ・フェアーはいつも元気な門前の看板娘
その横の小輪ピンクはラベンダー・ドリーム



ラベンダー・ドリーム(S)

  ラベンダー・ドリーム
小さな蕾はバラゾウムシの容赦ない餌食に



河本ローズの福袋5株のうちの4株(トットちゃんは既にUP)

ローブ・ア・ラ・フランセーズ

       ローブ・ア・ラ・フランセーズ
既に昨年新苗を迎えたところに福袋にも
こんなに魅力的なんですから住宅難でも2株OKですよ



フレグランス・オブ・フレグランシズ

 フレグランス・オブ・フレグランシズ
『薄墨桜の花色を思わせるソフトピンク~グレイッシュラベンダー色』だそうですが
留守の間に走っていきました



クチュールローズ・チリア

  クチュールローズ・チリア
ユーカリの下に顔を覗かせて咲いてしまったためか
超大輪ですがピンクというよりホワイトでした



コラーユジュレ

       コラーユジュレ
最後に開花した河本ローズ
『透明感のある、ふんわりした花びらがスイーツのようなバラ』よりしっかりした花びらでした

以上が福袋ちゃんです
どれも力強いしっかりした株でだ~い満足



マダム・フィガロ(Del)

       マダム・フィガロ
リフォーム前からあったバラでお疲れ気味だったのがこの春はベーサルシュートが2本出ました



ジュリエット・グレコ(Del)

       ジュリエット・グレコ(Del)
ゆっくりゆっくり咲き進んでいく完成形(?)は素晴らしい…けど写真がなかった



オウギュスト・ルノアール(HT)

  オウギュスト・ルノアール
コロンとした蕾がキュート
春にしてはまあまあだけどね雨にあうとボーリングし易いので軒下の住人



スイート・シャリオット(Min)

       スイート・シャリオット
お気に入りのミニバラ
空中に吊っています



エリザベス・スチュワート (Guillot)

  エリザベススチュワート (Guillot)
昨年の母の日プレゼント(今年はバラを卒業しました)
今年は本来の美しさを堪能させてくれています


お付き合いありがとうございます
記録のためにも全部UPさせていただきました

超ノンビリさんのナエマとひなあられが控えています

05/19(日)

バラ

コメント

今年のバラは元気!(3)
雨が思ったより早くから降り始めました
溜まっていた写真を整理した序でに本日2回目の更新
雨も降るハズですね



宿根草も賑わっていますが先ずはバラから



シュシュ(FL)&ラ・マリエ(FL)

 シュシュ&ラ・マリエ 1
ラ・マリエを迎えてその優しい雰囲気と強健ぶりに魅せられて
『お互いに引き立てあう』というシュシュも今シーズン迎えての初コラボです



            ラ・マリエ
ラ・マリエです
こちらの方が大人っぽいかな



 シュシュ&ラ・マリエ 2
シュシュもアプリコット色のこの咲き方が堪りませんね~



            シュシュ
咲き進むと淡く変わります



トットちゃん(シュラブ)…福袋ネ

 トットちゃん 1
次々と表情を変えて咲き進むトットちゃん
この感じがお気に入り



       トットちゃん 2
初々しさから熟女まで



 トットちゃん 3
奔放に咲いたと思っていたら半つる性だったのですね
我が家では強剪定で育てることになりそうです
切り花にするのには好都合



 河本ローズ
昨日河本ローズ3種を切り花に



ヨハン・シュトラウス(HT

        ヨハン・シュトラウス
元気に育つバラが欲しいと思って選んだバラ
花持ちも抜群です



ピエール・ドゥ・ロンサール(LCL)

 ピエール・ドゥ・ロンサール 1
鉢バラは庭の中に置いているので我が家の庭で主役になるのはやっぱりこのピエール・ドゥ・ロンサール



 ピエール・ドゥ・ロンサール 3
テッポウムシには入られたし
根っこは例のアイビーにすっかり遣られてしまっていたし
もう駄目と諦めかけていたのがカニガラ&キトサンのお陰で復活出来たと信じています



            ピエール・ドゥ・ロンサール 4
我が家のピエールさんはピンクが濃い目です



            ピエール・ドゥ・ロンサール 5
所によって淡くピコティっぽいのも
その向こうは…



 ブラキカムHG 1
ブラキカムが咲き続けているハンギング(場違いですがお蔵入りになりそうなので



            ブラキカムHG 2
ユーフォルビア・パープレアも此処が気に入っています



            寄せ植え ブラキカム
「ブラキカム」繋がりでこの寄せ植えも(何でもアリですね~
ずっと前からあるコルジリネの寄せ植え
コルジリネは埋もれていますが元気に復活しています



脱線からバラに戻って

フォーエバーローズ(Min)

            フォーエバーローズ5月11日
sakoさんから頂いたバラでフォーエバーローズと言うのだと思います<フォーエバーローズ>



 フォーエバーローズ
ミニバラとは思えない大輪です
シュシュより大きいかも



セリーヌ・フォレスティエ(Old)

        セリーヌ・フォレスティエ
10号鉢で置いて無理やり窓から見えるように綱渡り誘引しています



つるサマースノー(ClF)

 サマースノー 1
清々しく咲き始めました



 サマースノー 2
この姿やっと会えました…私のブログに初登場



            サマースノー 3
昨年迎えてたくさんの蕾が付いたのですが
一季咲きというのにことごとくバラゾウムシに遣られてしまい
その後はアブラムシの巣窟となってしまいました



 サマースノー 4
鉢上げしてバッサリ強剪定したら小さな庭の我が家仕様でこんもり旨く咲いてくれました
このほうが管理がしやすくて気に入っています

長くてダラダラとスミマセ~ン
Designed by OreappDroid
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。